「自炊代行」訴訟の火蓋が切られた日。

このブログで「自炊」について初めて取り上げたのは、昨年9月のこと*1

その後も、世論が盛り上がるたびに、ちょこちょこ記事を書いてきていたのだが*2、とうとう作家側が一部の代行事業者を提訴する、という事態にまで至ってしまった。

「私的な目的で小説や漫画を電子化する「自炊」の代行業は著作権法に違反するとして、作家の浅田次郎さんや東野圭吾さん、漫画家の弘兼憲史さんら7人が20日、東京都と神奈川県の代行事業者2社に対し、自著の自炊行為の差し止めを求める訴えを東京地裁に起こした。訴えられたのは、「愛宕」(川崎市)と「スキャン×BANK」(東京都)。原告は他に作家の大沢在昌さん、林真理子さん、漫画家永井豪さん、漫画原作者武論尊さん。」(日本経済新聞2011年12月21日付け朝刊・第42面)

秋口に周到な「質問状」を代行事業者側に突き付けた時点で*3、この展開が予想できなくもなかったのだが、それにしても思ったより早いなぁ・・・という展開である。

原告として名を連ねた方々は、我が国を代表する作家、漫画家。そして代理人にあの福井健策弁護士が付いている、となれば、被告となった零細(?)事業者の側としてはもはやタオルを投げるしかなさそうな状況であるが・・・。

続きを読む