のまネコ騒動決着へ?

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/30/news080.html

恋のマイアヒ」のキャラクター「のまネコ」をめぐる問題で、エイベックス・グループ・ホールディングスは9月30日、CDに収録されている特典Flashムービーを今後は付けず、「のまネコ」の図形商標の登録出願を中止するよう、同キャラクターの著作権を持つ会社に依頼すると発表した。同日、この会社は商標出願を取り下げる意志を表明した。

あくまで、「著作権を持つ会社に依頼」というところが、
今回の商品化に当たっての契約スキームの巧妙なところ。
その日のうちに商標出願取り下げの意思を表明してしまったことで、
「有限会社ゼン」は、所詮はエイベックスのダミー会社に過ぎない、
という憶測を裏付けたような形になってしまったのは皮肉だが。

エイベックスは「多くの方々が共有財産として楽しんでいる『モナー』等について、私たちが何らかの権利を持っているかのような誤解を完全に払拭できると考えたからです」と説明している。

だが、商品化事業自体の中止は発表されていないのだから、
この程度で、ネット市民たちがおとなしくなるとは思えない。


自分にできることは、
Flashムービー付のCDに稀少価値が出てきた頃に、
さっさと中古CD屋に売りさばくことくらいか・・・(笑)。