至福のとき

27日、28日と二日続けて、
矢井田瞳 HERE-TODAY LIVE 2005』@日本武道館に行ってきた。
(以下、ネタバレあるので「ビデオ観るまで見たくない」という人はご注意を。)


初日は二階席のステージ正面。
二日目はなんとアリーナ前から4列目。


ヤイコの魅力は、なんといっても、
当代随一といっても良い、張りのあるヴォーカルと抜群の声量、
そしてステージ上を走りまくっても、全く声が乱れない、という
恐るべきタフさにある*1


だから、これまではヤイコの生声が聞ければ、
席はどこでもいいや、と思っていたのだが、
やっぱりアリーナは違う・・・。


後ろからだと、照明の関係で見えない、
ステージ上の曲間の所作、息遣い、
そして、バンドメンバーの動きまできっちり見える、というのは、
やはり遠くの席では味わえない醍醐味である。


ちなみに、ヤイコのライブは、昨年、2002年のドームツアーと、
一昨年の夏のツアーに続いて4度目だが、
今回は、構成、演出、ファンのノリともに
最高レベルであった。


「Darlin'Darlin'」が大ブレイクしてから、はや5年以上経つ。
当然ながらファンも年季が入ってきたし、
ステージ上も、もう十分に盛り上げ方は心得ている*2
定番のタテノリ系とバラード、ミディアムバラードを組み合わせた構成は、
詰め掛けたファンを酔わせるのに十分であった。


ドームツアーの時の演出は、
火だの雨だの、といった大仕掛け(逆に言えば大雑把さ)が目立ったが、
舞台が武道館に変わった今回は、曲ごとに細かい照明テクニックが駆使されていて、
実に玄人好みの仕上がりになっていた。


そして何よりも楽曲が良い。


ヤイコが出てきた頃、
「曲と声は最高だが、詞は何だかなぁ・・・」というのが率直なところだったが、
その後、特にこの1,2作のアルバムに収められた彼女の書いた詞は、相当に深い。


“売れ筋”の曲から離れ、アーティスト志向を強めるにつけ、
CDの売り上げ自体は下降線をたどってきているのは確かだが、
ライブを見に行く側からすれば、
年々“物語性”を持ったステージを見ることができるようになって、
嬉しい限りなのである。


以下、セットリスト。
初日と二日目は、弾き語りの部分と、
MCの中の“即興演奏”に違いがあったが、
概ね同じ構成になっている。

#1 (新曲)
#2 Chapter02
#3 七色ピエロ
#4 Everything Is In Our Mind
#5 NOT A PERIOD
#6 彼女の理由
#7 虹のドライブ
(MC)*3
#8 モノクロレター
#9 マーブル色の日
(MC)*4
#10 弾き語り〜 Over the Distance(初日)/この恋はもうしまってしまおう(二日目)
#11 月をみていた
#12 雨と嘘
#13 Buzz Style
#14 明日からの手紙
(MC)*5
#15 マワルソラ*6
#16 アンダンテ
#17 B'coz I Love You
#18 Dizzy Dive
#19 Look Back Again
#20 My sweet Darlin'*7
#21 ビルを見下ろす屋上で
#22 ゆらゆら
(アンコール)
#23 Pajama Holiday*8
#24 Life's Like A Love Song
#25 月のなみだ

二日続けていっても、
もっと、いつまでも聴いていたいと思わせてくれる、
そんな至福の時間であった。


なお、アルバム名を冠したツアーということもあって、
最新のアルバムは全曲使われていた。

Here today?gone tomorrow

Here today?gone tomorrow


個人的には、
シングルでも発売されていた「モノクロレター」や
「雨と嘘」あたりがグッとくる。

「モノクロレター」より

無力さを棚に上げては 空の青さを憎んだり
どこまでも優しいあなたが頼りなく思えた


戻らない景色が一つ また一つ
目を閉じれば溢れていくけど


さらさらと手を振った
帰ることないこの場所から
街明かり そのどこか
あなたの幸せを願う
哀しみも 愛せたなら
叶わないものはないわ
(作詞・矢井田瞳


「マーブル色の日」や「ビルを見下ろす屋上で」あたりは、
往年の加藤いづみを彷彿させるようなアレンジだが、
それもまた良い。


あと、開場前のグッズ売り場で買ったCD。
良質なアコースティックライブの魅力をご堪能いただければ幸いである。

Sound drop ~MTV Unplugged + Acoustic live 2005~(DVD付)

Sound drop ~MTV Unplugged + Acoustic live 2005~(DVD付)

*1:自分が知る限り、女性ヴォーカリストで同じ芸当ができるのは、全盛期の中島みゆきくらいだと思う。

*2:昨年のドームライブが「振動対策」ゆえに、タテノリ系の曲を分散させた構成だったこと、さらに今年のこれまでのライブがアコースティックライブだったため、ファンが「飢えていた」(笑)のも確かだろうが。

*3:過去の「別れ」のエピソードをうかがわせる(ベタだが)意味深なコメント(アルバムの曲の変遷を見ていれば推察できることではあるのだが・・・)。このMCの後に聞くから「モノクロレター」がまた一段と良い曲になる。

*4:初日はここで夢の話+AI「Story」の即興弾き語り。二日目は違うMCで会場大爆笑。今回はいつになくMCも面白かった。

*5:二日目はここで「上を向いて歩こう」の即興弾き語り。

*6:武道館の天井につるされたミラーボールが綺麗。

*7:アンダンテからのハイテンポな曲5連発で、場内の盛り上がりも最高潮に。

*8:斬新な手拍子。今後の定番になるか。