珠玉のライブ集

時々は一息つける話題を、ということでヤイコネタ。


既に書いたとおり、年末のライブで久々の感動を味わい、
http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20051228/1135796924
それ以来、自分のiPodは、
専ら“矢井田瞳再生専用プレーヤー”と化している*1


最近、それでは飽きたりなくなって、
暫く見ていなかった2004ドームライブのDVDに加え、
このたび、新たに2002−2003ツアーを収録したDVDを購入した*2

Live Completion '03 ~i can fly, can you ?~ [DVD]

Live Completion '03 ~i can fly, can you ?~ [DVD]


・・・・これが、とにかく良い。
この一週間、睡眠時間を悉く削った上に、
出勤時間のギリギリまで、何度もリプレイしている。


2枚組かつ3つのツアーが収録されているにもかかわらず、
3,990円という価格になっている時点で相当お得なのだが、
それ以上に濃い中身になっている、という印象がある。


ヤイコが何となく好き、って人はもちろん*3
ヤイコの曲を聞きかじったことしかない人や、
ヤイコは知らないけど、本物のライブってヤツに飢えている人にも、
是非お勧めしたい。




ちなみに、1枚目に収められているのは、
2002−2003年の年越し大阪ドームライブと、
2003年秋のアコースティックライブ。


2枚目に収められているのは、
2003年春のホールツアー。


自分は、大阪ドームの直前の
東京ドームツアー(2002年)を観にいったのだが、
あの時の感動と衝撃があるから、
今でもヤイコの曲を聴いているようなものだ。


バンドメンバーに浦清英氏がいた頃の定番、「もしものうた」。
炎と水の大仕掛けの中アンコールで決めた「Life's like a love song」*4
目に焼き付けた光景が見事に蘇る。


2003年春に、東京国際フォーラムで味わった
客席とステージの一体感もそのまま収録されている。
「ママとテディ」「アンダンテ」あたりは最高の出来だろう。


改めて見ると、あの頃のヤイコは、
勢いとパワーという点では、
一番脂が乗ってた時期だったのかもしれない*5


自分が持っているもう一枚のDVDは、
行ったライブの記念に買ったものだが、
ヤイコ自身の「声の不調」がネット上で囁かれていた時期のものでもあるし*6
「振動対策」の構成になっていて、
本来の“連続タテノリ”の凄さを欠いているため、
上に比べると、どうしても見劣りしてしまう。

HITOMI YAIDA Music in the Air~dome live 2004~ [DVD]

HITOMI YAIDA Music in the Air~dome live 2004~ [DVD]


なお、自分の当面の楽しみは、
昨年の武道館ライブのDVDがいつ出るか、ということにある。


少なくとも、全体として
2004のドームライブを上回る内容だったのは間違いないところだが、
贅沢を言うなら、「アンダンテ」から「My sweet darlin'」までの
5連発は、ノーカットで収録してほしいものだと思う。


あのノリの快感は、一度味わったら、たぶん一生やめられない・・・。

*1:ホントは、中国語会話の勉強用に買ったつもりだったのに・・・orz。

*2:何をいまさら、という感じだが、DVDプレーヤー買ったのつい最近なので・・・。

*3:コアなファンの方なら、当然既にお持ちだと思うので・・・。

*4:翌日の「めざましテレビ」でも取り上げられた。あの頃のヤイコは超メジャー級のアーティストだった・・・。

*5:もちろん、曲の完成度、成熟度という点では、最近の方がより凄みを増していると思うが。

*6:ツアーの途中でノドを痛めたらしい・・・。