気候変動

年が経つごとにワイルドになっていく東京の空。
高層ビルの窓から、稲光と5月のスコールを眺めながら仕事をするのにも、
もう慣れた。


この何年か、明らかに「超」が付く異常気象が続いてるのに、
正面から警鐘を鳴らす声が聞こえてこないのが、かえって不気味*1


自分の予言では、20年後には、
東京の地上では人が暮らせなくなっているはずなのだが(笑)、
5年くらいは早まるかも・・・嘆きたくもなる今日この頃。

*1:人は誰しもどうでも良い些細な変化には敏感なのに、もっと大きな根源的な変化には鈍感だったりもするものだが。