ヨーロッパの「報復」

グループGの生き残りをかけた最終戦、スイス対韓国戦。


ダイジェストの映像しか見ていないのだが、
スイスの2点目は、オイオイ・・・という感じだった。


やっぱり欧州の空気は、
4年前の屈辱を忘れていなかったらしい(苦笑)*1


筆者の予想に反し、
「今大会も順当に勝ち点を積み重ねてベスト16の予感」
に満ちていた隣の国の代表も、
“地の利”には勝てず、欧州2チームの後塵を拝する結果となった。


次から加入するオーストラリアを除いて全滅のアジア勢。
次回大会のアジア枠がいくつになるのか、
関係者は今から戦々恐々であろう・・・*2


以前のエントリーに掲載した
トーナメント勝ちあがり予想は、
http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20060609/1149804328
E組(アメリカ敗退、ガーナが2位で進出)、
F組(日本敗退、オーストラリアが2位で進出)を除いて的中。


素人がこれだけ当てるというあたりに、
いかに今大会が“波乱なき大会”か、ということが良く分かる。


順位に関しては、1位と2位が逆になった組は多いが、
おかげでオランダに決勝進出の目が出てきた。


準々決勝のカード予想

ドイツ×アルゼンチン
オーストラリア×ウクライナ
エクアドル×オランダ
ブラジル×スペイン

イタリア、イングランドはトーナメント初戦で敗退の予感。
以前初戦敗退と予想したブラジルだが、
アフリカ勢(ガーナ)相手なら、技術の差で勝てるような気がする。


準決勝のカード予想

ドイツ×ウクライナ
オランダ×スペイン

ブラジルがスペインに負けてベスト4手前で敗退というストーリー。
グループリーグの戦いだけ見ると、
アルゼンチンがドイツに敗れることは考えにくいが、
たぶん決勝トーナメント入ってからのドイツの勢いは、
4年前の韓国の比ではないと思うので・・・。


もちろん決勝は、

ドイツ×オランダ

テレビの前の目論見どおりにいくかどうか、
さて注目。


(追記)
決勝トーナメント初戦、早くもドイツ代表本領発揮ですな。
開幕当初は点取れる気配なかったポドルスキーが2ゴールって、
つくづく勢いって怖いものだと思う・・・。


個人的にはラーションの勇姿をもっと見たいのだが、
この展開だと難しそうですな。


(さらに追記)
えーと、前半終了間際にスウェーデンDF退場、
後半に入ってラーションがPK失敗。
グループリーグを通じて、
ほとんど仕事できなかったイブラヒモビッチは、
ようやくアルバックと交代。でも時遅しの感。


もはや見所は、お茶目なクリンスマン監督の表情くらいしか
なさそうである・・・。

*1:審判は中立地の方なのだろうが、そこに何らかの“政治的配慮”がなかったか、疑問なしとはしない。→〔追記〕主審はアルゼンチン。どうやら相手のFWにボールが届く前に韓国の選手が触っていた、という判定だったようだが・・・。そう?

*2:進境著しいアフリカでの開催であることを考えると、「3.5」に留まれば御の字、というべきだろう。今大会躍進の予感がするオーストラリアが加入しての「3.5」、プレーオフの相手にもよるが(オセアニアなら事実上勝ち抜けは決定的だが、南米、北中米相手だと日本は相当苦しい。)、事実上、ドーハの時に逆戻りした感覚になるのではないだろうか。