明暗。

来年のWBCに向けた日本代表監督に、原辰徳読売ジャイアンツ監督が就任することになったそうだ。


“アンチ星野仙一”ムードが思わぬ追い風になったとはいえ、これまでの自球団での実績(特に今年の大逆転劇)を評価されての選出だから、ご本人にとっても申し分のない話だろう。



思えば、就任1年目にリーグ優勝、日本一という輝かしい実績を挙げたにもかかわらず、翌年、星野仙一監督率いるタイガースに敗れたことで、フロントの現場介入を招き、屈辱の辞任を余儀なくされたのが5年前の原監督だっただけに、浅からぬ因縁のある相手を押しやる形での今回の就任劇には、いろいろと思うところもあるのではないだろうか。



原監督が、「読売グループの人事異動」というオーナーの一言で、現場を離れた“お飾りポスト”*1に追いやられた時には、

「潔く辞めて他球団で見返してやれ」

なんて声もあちこちで飛び交っていたが、もし原監督があの時、辞表を叩きつけていたら、今年の歴史的大逆転を呼び込んだ“名将”として歴史に名を刻むこともなかっただろうし、ましてや「全日本代表監督」というポストがめぐって来ることもなかったのではなかろうか*2


人生の中での“選択”を考える上では、極めて興味深いエピソードだなぁ、と思う次第である。

*1:実際のところどうだったかは知らないが、報道されていた限りではそう。

*2:「実績」だけなら、他にも適任といえるような監督はいたはずで、今回現場の代表として原監督が選ばれた背景には、長嶋・王の系譜を受け継ぐ読売巨人軍の正統派スター(選手としても監督としても)という“ブランドイメージ”によるところが大きい。もし他球団の監督に納まっていたら、同じようなブランドイメージを取り戻すまでにもっと時間がかかったのではないかと思う。