シノマリが頂点に立った日。

自分がAKB48をまっとうな“スター軍団”として評価できなかった(単なる色モノとしてしか評価できなかった)最大の理由は、どっからどう見ても次元が違うスケールを誇る篠田麻里子が長らく“脇役”に甘んじていた・・・というところにあったのだが*1、まさかこんな形で頂点に立つとは。

「アイドルグループAKB48の24枚目のシングル曲の選抜メンバーを決める「じゃんけん大会」が2011年9月20日、東京・千代田区日本武道館で開催され、篠田麻里子が優勝した。篠田麻里子は12月に発売されるAKB48の24枚目のシングルで、自身初のセンターポジションを務めることになる。」

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/ncn-20110920-nw117304/1.htm

いい加減飽きられ始めそうなタイミングで、ここのところずっと脱退の噂が出ていた隠れエースにセンターを張らせるあたりに、商売の上手さが透けて見えるのだが、一応ガチってことのようだから(笑)、これも偶然の奇跡、として楽しむことにしよう。

*1:熱心なファンではないが、一応新曲が出ればPVくらいは見る、ライトな観察者としての視点で冷静に見ると、毎年の“総選挙”の結果には非常に違和感がある。シノマリとか、SKEの松井珠理奈のような、ずば抜けた才能が低評価に甘んじていて、誰とは言わんが集団の中でしか輝きを放てないタイプの子が上位に来ちゃっているのを見ると、何だかなぁ・・・・と。その辺に熱心なファンの個性が出ている、といえばそれまでなのだが。