2019年3月のまとめ

本当に目まぐるしく、山あり谷あり、ジェットコースターのように過ぎていった月だった。
既にチラホラとエントリーでも書いた通り、保守(保身)的思想に陥った「組織」の虚しさ、バカバカしさ、そして、それに操られる人間の愚かさを徹底的に見せつけられ、微かに抱いていた期待や希望まで粉々に砕け散った一方で、同時にそういう枠を超えたところにある人の優しさに触れ、気づくことができた、という点で、実に味わい深い31日間だったといえる。

その前に訪れたターニングポイントからちょうど10年経ってのどんでん返し。
後々まで、「人生最大のターニングポイント」だった、と振り返ることになるであろう月だったにもかかわらず、今は苦々しい記憶とセットでしか振り返ることはできないのだけれど、今日、3月の最後の日に、清々しい気持ちで久しぶりに見た川縁の桜の美しさが、いつかそんな苦い記憶を中和し、きれいな思い出に変えてくれる、と、心のどこかで信じている。
そして、苦しい思い、無念の思いを味わったからこそ、次のステージの輝きがより一層引き立つに違いない、と自分に言い聞かせ、明日からまた一歩を踏み出そうと思っているところである。

なお、今月のページビューは、少し戻って12,500弱。セッション7,400強、ユーザー4,400弱。
おそらくは、時間的にも気分的にも余裕が出る来月以降が、このブログの今後を占う試金石になるのだろうけど、あまり執着せずに肩の力を抜いて、ゆる~く続けていくことができれば、それが何よりかな、と。

<ユーザー市区町村(3月)>
1.→ 港区  547
2.↑ 新宿区 457
3.↓ 大阪市 428
4.↑ シカゴ 324
5.↓ 横浜市 298
6.↓ 千代田区 235
7.↓ 中央区 189
8.↓ 名古屋市 181
9.↑ 渋谷区 102
10、↓ 世田谷区 96

先月からさらに順位上昇した「シカゴ」がとにかく気になって仕方ないのだが、今後伸びるのかどうかも含めて、引き続き見守っていきたい。

(以下、2019/4/3追記)

<検索アナリティクス(3月分)合計クリック数 2,130回>
1.→ 企業法務戦士 155
2.↑ 学研のおばちゃん 19
3.→ 東京スタイル 高野 17
4.↑ 企業法務 16
5.↑ 矢井田瞳 椎名林檎 14
6.↓ 読売オンライン事件 13
7.圏外意匠法 改正 2019 13
8.圏外リーニエンシー 12
9.圏外弁護士バー 11
10.→ 説明書 著作権 11

今般の意匠法改正が話題になっている、ということは、別のところでも耳にした話だが、これまでコンセプトはともかく、具体的な中身についてまでは、あまり追いかけてこれていなかっただけに、他の知的財産諸法の動向と合わせてフォローしていきたいところである。