こんな時だからこそ平和の尊さをもう一度噛みしめたい。

8月のど真ん中、まだ暑さもピーク、という時期に、画面の向こうから流れてくるアナウンスに合わせて戦没者追悼の黙祷をする。これが、自分が物心ついたときから変わらない終戦記念日の光景。

ただ、今年は、それが未だ続いている世界戦争の真っただ中にめぐってきた、というところがいつもと違う。

当然ながら、自分も「戦争を知らない世代」の一人だし、物心がついた頃には既に40年くらい経っていて、若者は皆、”平和ボケ”と揶揄される時代でもあったのだが、当時はまだ冷戦の真っただ中。

いつ核ミサイルが飛んでくるかわからない、という恐怖心は常に心の中にあったし、そんなどことない不安感と、無邪気に勧善懲悪を説く一部の少年漫画の影響から、ともすれば好戦的になりがちな少年たちを諫めるかのように、夏休みの課題図書の中には、常に「戦時中」に思いを馳せさせる一冊が混じっていたような気がする。

やがて、ベルリンの壁が崩れ、ソ連邦が崩壊し、「西側世界」が勝利の凱歌を挙げるのを眺めながら、「これで本当に世界は平和になるのかな・・・」なんて思えたのは一瞬のこと。

中東では断続的に戦火が止まず、欧州大陸でもあちこちで民族間の紛争が噴きだし、そうこうしているうちに9・11からテロへの戦い、と、地球上のどこかで繰り返される悲劇を遠目で見るしかない日々が続いた。

そして、これまで遠くの出来事のように思っていた戦禍は、とうとう自分たちの隣の国が当事者として引き起こされるようになり、さらにはもう一つの隣の国が、まさにこの国の至近でこの国の友邦に銃口を突きつけようか、という状況に至っている今、自分はこれまでにない緊張を感じている。

2月から始まった欧州の悲劇が改めて我々に思い知らせてくれたのは、

ひとたび破られた平和は、平和的でない手段を用いない限り、決して取り戻すことはできない。

という冷徹な現実。

だから、リアリズムに徹すれば徹するほど「平和を希求する」という行為それ自体が空しいものに思えてくるのだけれど・・・。

続きを読む

塗り替えられない歴史はないはずだから。

今季の「投」の好調ぶりを考えれば、クリアするのは時間の問題、という状況だったとはいえ、昨年来、何度ももどかしい思いをしながら見てきたファンにとって、現地時間で8月9日のアスレチックス戦は最高の時となった。

LAエンゼルス大谷翔平選手。投げては6回無失点、打っては降板した直後に25号本塁打

勝ちに恵まれていなかったチームとはいえ、相手は目下地区最下位。さすがに9回まで行って5点差あれば・・・ということでチームも連勝を飾り、見事、大谷選手に今季10個目の勝ち星が付いた。

これで、メジャーリーグ5年目にして初の2桁勝利、2桁本塁打。そして前々から注目されていたとおり、この記録は、

ベーブ・ルース以来104年ぶり」

という大記録でもある。

自分が小学生くらいの頃、野球というものにちょっと興味を持ち始めて、図書館で読んだ本に出てきたのがベーブ・ルース

当然、うん十年前のその頃から既に「歴史上の人物」に他ならず、さらに時が経ち、呪われたレッドソックスの話とか、米国の暗い歴史の中の光、だとか、いろいろなことを知れば知るほどより”偉人”感が増していたかの人物の記録を、日本から海を渡った若者が掘り起こして乗り越えることになるなんて、つい数年前までは想像することさえできなかった。

ここ数年、1918年のベーブ・ルースの記録が「13勝、11本塁打」という情報だけはよく目にしたので、まだ牧歌的な時代のゆるーい記録だろう、と思いながら見ていたのだが、今回の大谷選手の「更新」を受けて改めて記録を見返せば、この年のベーブ・ルースがまさに「投手」から「打者」に変わろうとするタイミングで、勝利数、本塁打数のいずれの記録も、彼の長いキャリアの中ではピーク時の半分以下(投手としてはそれまで2年連続20勝していた中で、野手出場が増えて登板数が半減した中でのこの数字、また打者としては、翌年の29本塁打からMAX60本塁打まで積み上げていく中での事実上「1年目」としての数字)の数字に過ぎない、ということに気づく。

これは、「投手」であることと、野手として打席に立つことを両立させるのはそれだけ難しい、ということの証明でもあるのだが、それを投打ともに右肩上がりで成績を伸ばしながらクリアしてしまったのだから、大谷選手の物凄さはなおさら際立っているというほかない。

で、太平洋戦争前の、この時期の・・・となれば、思い出すのは、今世紀の初めに繰り広げられたジョージ・シスラーイチロー選手の”安打数”競争。

これまた改めて調べると、今回塗り替えられた「1918年」頃は、ジョージ・シスラー選手のブレイク期でもあったわけで、この前年くらいから3割5分近い打率でヒットを量産し、イチローに塗り替えられるまで最高記録だった「257本」を放ったのは2年後の1920年のこと*1

ベーブ・ルースに比べれば、日本では無名に近い選手だったし、当の米国でさえ「掘り起こされた」感のあった選手だったはずだが、2度の打率4割超えといい、5年間で1000本を優に上回る安打を放ってしまったことといい、この時期に残した数字を見ればシスラー選手もまさに歴史に残る“無双”。

それを超えたのもまた日本人だった、という事実は、改めて誇ってよいことのはずだ。

*1:この年はベーブ・ルースヤンキースに移籍していきなり54本塁打を放ち、ボストンに呪いをかけ始めた年でもある。

続きを読む

「正論」が常に正しいとは限らない。

すったもんだの末に、東証の市場再編が実行されたのは今春のこと。

それから四半期が一つ過ぎ、「プライム」とか「グロース」といった呼び名も何となく馴染んできた気もする中で、JPX主催の「市場区分の見直しに関するフォローアップ会議」の第1回が先月末に開催されたようなのだが、会議後、公開された資料*1がなかなか凄かった。

事務局が用意した資料は、↓で、これはこれで移行後の市場ごとに所属企業のデータを分析した貴重なものではある。
https://www.jpx.co.jp/equities/improvements/follow-up/nlsgeu000006gevo-att/nlsgeu000006j7nb.pdf

だが、この第1回の資料の中で一番迫力があったのは、会議を欠席した松本大マネックスグループ株式会社 代表執行役社長CEOが提出したペーパー*2だった。

事務局資料に対する意見、ということで、本論の冒頭から、

「安保・エネルギー ・金利情勢などが刻一刻と変化する中で、株式というもっともボラティリティが高い市場に関する議論が、提示されているようなのんびりとしたかつ数年にまたがるもので間に合うとは思えません。」(強調筆者、以下同じ)

という強烈なパンチが飛ぶ。

そして、事務局の資料からは未だに方向性が見えてこない「経過措置」の取り扱いに言及したくだりがこのペーパーのハイライトになっている。

・経過措置は、白紙委任状的であり、予見可能性も低く、公開市場の仕組みに合いません。 とにかく早く終わらせるべきで、或いはとにかく速やかに経過措置終了日を決めて明らかにすべきです
・そもそも上場維持基準に適合していない会社が 500 社程度あるということを容認することは、上場制度そのものの自己否定です。「上場維持に向けた計画」なら理解出来ますが、「上場維持不適合であるが適合に向けた計画」 とは、上場維持基準を形骸化しており、かつ経過措置を極めて不透明なものにしています。
・山道社長が、いわゆる受け皿市場について考えていきたいと発言されていますが、これは屋上屋ならぬ床下床であり、上記の「上場維持不適合であるが適合に向けた計画」が床下床とすると、受け皿市場は床下床下床となります。 本件は市場区分の見直しとは切っても切れない論点であるので、当会議で議論すべきと強く考えます。

「経過措置」によって上位市場に生き残っている会社の存在を徹底的に批判し、「床下」とまで言い切る。

最初から最後まで、とにかく辛辣さが目に付く意見ではあるが、この意見の冒頭に記された、

「そもそも市場区分の見直しはどのような大目的のためにするのか、その点をクリアにすることが、議論を効果的に進めるために肝要だと存じます。 私は最終的に東証に上場する日本企業の企業価値、並びに株式価値(ヴァリ ュエー ション)を高めることに資することにより、企業活動がより活発に出来るようになり、国際的な企業買収なども有利に進められ、日本企業が国際的に競争力のある技術などを蓄え、賃金を上げる余地も増え、株価の上昇により年金資産の充実にも繋がる、そのような資本市場のメリットを我が国がより多く享受出来ることを支え、推進することが、大目的であると考えています。」

という目的意識は、まさに”正論”にほかならず、その帰結として展開された上記のような意見に正面切って意を唱えるのもなかなか難しいものがあるのかもしれない。

ただ・・・

続きを読む

まだまだ青く。~ブログ開設から17年。その先へ。

今年も年に一度のお約束でめぐってきた「ブログ開設記念日」

早いもので2005年8月4日から、これで17年が経過した。

「17」と聞くとずいぶん年数が経ったような気がするし、実際、それなりの歳月は流れている。

「戦争」といえば遠い砂漠の地か、「テロとの戦い」くらいしかイメージできなかったあの頃とは異なり、今、日本は、軍事力の行使も辞さぬ勢いの(というか片方は既に西方戦線で行使してしまった)2つの大国に隣接する国として、いつ一触即発の事態が生じても不思議ではない緊張の中にいる*1

気候も変わった。

ここのところ夏になると毎年のように起きる豪雨災害。首都圏でも連日異常なまでの高温多湿と南国の気候を思わせるスコールに日々翻弄されている。
17年前の夏の雨の降り方がどんなだったか、今やもう思い出すことはできないが、自分が、十数年前、初めて降り立ったホーチミンでスコールに遭遇して感じたのと同じ”異国感”を、これからかの地に降り立つ日本人が感じることはもうないような気がする。

ただ、それ以外にドラスティックに変わったものがあるかと言われれば、そんなに思い当たる節はない、というのがこの成熟した国家なわけで、政権を担うのは自民党の二世、三世の政治家たち、株価・為替は変動すれど世の中には何となく不景気感が漂い、プロ野球の世界では相も変わらず12の球団が星を回し合って、そうこうしているうちに炎天下の甲子園が開幕する。

いやいや、ガラケースマホに変わり、電子マネーやらQR決済やらが普及して、Google Chromeに置き換えられたブラウザで開くページは「はてなダイアリー」から「はてなブログ」になったではないか、というツッコミもあるかもしれないが、駅で手持ちのデバイスに目を落とす人々の仕草は昔のまま、コンビニのレジで現金を出してつり銭でもたつく光景も未だ消えず、そして、エントリーを書き残すためにPCを開いてする作業に至っては、何一つ変わるところはない。

結局、どれだけ月日が流れても、連続している時空の中では、変わらないもの、ちょっとやそっとでは変わったことに気づかないもの、変えたくても変えられないものが必ず残る。

そして、自ら何かを変えようとしない限り、何かが変わったような気分には永遠にならない。

*1:その割に、世の中の雰囲気がまるで”他人事”に見えてしまうのが気になっていたりもするが・・・。

続きを読む

歴史の扉はどこまで開かれていくのだろうか。

一日過ぎてのエントリーにはなってしまったが、先の週末、馬系のメディアを一番賑わせていたのは、

23年ぶりに複数名の女性騎手が重賞レースで騎乗。

というネタだった。

確かに中央競馬では「女性騎手不在」の時代が長かったし、女性騎手がいた時代でも、なかなか騎乗機会に恵まれなかったり、”紅一点”で藤田騎手だけが孤軍奮闘していたり、という状況になっていたことが多かったから、前世紀末まで遡る、と言われてもそこまで驚くことはない。

ただ、驚いたことがあったとしたら、その遡った1999年9月5日のレースと”主役”となった馬と騎手たちの名前だろうか。

第19回新潟3歳ステークス 芝1400m
ナッツベリー 山本泉騎手 /ドリームセイコー 細江純子騎手

この当時の「3歳」は当然ながら今の「2歳」である*1

レース名のとおり、新潟競馬場で行われたレースだが、当時の新潟競馬場は改装前、今のような長い直線は存在しない

そして、このレースの一方の主役、ナッツベリーと山本泉騎手は、今はなき「公営新潟競馬」の所属だった。

まだ三条に競馬場があった時代、現2歳の5月にデビューして夏までに4戦を消化し、5戦目のオープン各のJRA指定交流競走・ダリア賞で低人気を覆して2着に食い込む。その勢いそのままに中央の重賞へ・・・というシンデレラストーリー。

もう一方の主役・ドリームセイコーも、デビュー4年目で勝ち星が伸びずに苦しんでいた細江騎手が7番人気で新馬勝ちしてそのまま重賞切符を勝ち取った、という馬。

当時、住んでいた地域には競馬場も地上波の競馬中継もなく、どうしても、というときは県境を越えて新潟*2まで通っていた身(それでいて週1のギャロップと月1の優駿誌だけは買い続けていた)だったから、少なくともナッツベリーという馬の記憶は鮮明に残っていたし、この「3歳重賞」のレース自体の記憶も微かには残っている。

ただ、それが23年後、「女性騎手」という切り口で「歴史的な一戦」として蘇ることになろうとは、当時は想像だにしなかった・・・。

*1:ということも解説をつけないといけない時代になってしまっているのかもしれないが・・・。

*2:または高崎。今やどちらの競馬場も消えて、歴史の一ページになってしまった。

続きを読む

2022年7月のまとめ

振り返ればカオス、な状況の中、すっちゃかめっちゃかで過ぎていった7月だった。

外に出れば例年の如く暑い。だが店に入って冷えたビールを気軽に飲むには感染者の数字がちょっと増えすぎている*1

そうこうしているうちに、あれこれの締切りは迫り、さらに新しい依頼が飛び込み・・・ということで、夏を楽しむ余裕もない残念な一か月。

当然ながら週末ですら、ブログの更新に時間を充てることはままならず、結果、ページビュー14,000強、セッション10,000弱、ユーザー6,000弱、と、こちらの方が”夏休み”状態になってしまったりもしたのだが、そこは開き直って目の前のことを優先するしかないだろうな、と思っているところである。

ということで、今月もランキング。

<ユーザー別市区町村(7月)>
1.→ 渋谷区 755
2.→ 大阪市 341
3.→ 千代田区 239
4.→ 港区 214
5.→ 横浜市 179
6.→ 新宿区 171
7.→ 中央区 137
8.↑ 名古屋市 126
9.圏外札幌市 114
10.圏外京都市 104

上位の顔ぶれは変わらないものの、なぜか地方中核都市からのアクセスが前月比で急増してランクインしている、というのが興味深い現象だろうか。
まだまだ夏休みも続く中、この傾向が維持されるのかどうかは、ちょっとした注目である。

続いて検索ワード。

<検索アナリティクス(7月分) 合計クリック数 1,997回>
1.→ 企業法務戦士 135
2.→ シャルマントサック 裁判 33
3.圏外インナートリップ 霊友会 31
4.↑ 学研のおばちゃん 現在 28
5.↑ 東急グループ 序列 26
6.↑ crフィーバー 大ヤマト事件 24
7.圏外法務 ブログ 20
8.↑ 企業法務戦士の雑感 17
9.圏外猪狩俊郎 死因 14
10.圏外霊友会 インナートリップ 12

結構古い記事がポンと浮き上がってきたりしているのが興味深いところではあるのだが、微妙なネタもあるので触れずにおこう・・・。

なお、Twitterインプレッション数では、↓の記事が今月の首位(インプレッション数7,540)。
k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

ちょうど月末に「結論」が出たニュースでもあったのだが、この先どういう動きになるのか、まだまだ続くこともあるのかな、などと思ったりしている。

以上、いつになくあっさりな月締め。
来月は、月の最後の最後、一つ身軽になって爽やかなエントリーを書きたいところではあるのだけど、それまでは、死力を尽くして走り抜きたいな、と。

*1:とはいえ、個人的には週3~4回くらいのペースでコンスタントに飲みに行ってはいた。そしてそれでも無事だった。

約款規定を超えた対応の功罪。

今月初めに起きたKDDIの大規模通信障害。

所管官庁の猛烈なプレッシャーもあってのことか、原因究明のための調査は急ピッチで行われ、月も変わらないうちに”総括”ともいうべきリリースが出された。

KDDIは29日、2日に起きた通信障害で携帯電話などが利用しづらくなった3655万人の契約者一律200円を支払うと発表した。」
200円(税抜き)は障害のおわびとして支払う。これとは別に通信サービスが全く利用できなくなった278万人に2日分の基本使用料などに相当する金額を返す。いずれも9月以降の通信料金から差し引く。返金額の合計は75億円で、2023年3月期の決算に計上する見通し。復旧にかかった費用は精査中としている。」
日本経済新聞2022年7月30日付朝刊・第1面、強調筆者、以下同じ。)

正直に申し上げると、自分は最初にこのくだりを読んだとき、意味がよく分からなかった。

KDDIの約款の内容とそれに対する解釈は↓の障害発生直後のエントリーでも少し言及したところで、そもそも今回の障害で個別具体的な賠償にまでは至らないのでは?という意見も有力だったように思うのだが、そんな中で、実に日本国民の3割の人々に支払われるこの「200円」というのは一体どういう位置づけのお金なのか・・・。

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

当のKDDIがウェブサイトに出していた「説明」で分かりやすい書き分けがなされているのを見て、自分はおぼろげながら、ようやく事態を理解した。
www.kddi.com

誰が名付けたか、「約款返金」「お詫び返金」

一方は、約款の損害賠償・責任制限規定に基づき、利用できなかった日数に応じて支払われるお金。
そしてもう一方は、具体的な影響の有無にかかわらず、「通信障害期間中にスマートフォン、携帯電話およびホームプラス電話をご契約いただいていたすべてのお客さま」に対して支払われるお金・・・。

日経紙の記者会見の一問一答を伝える記事の中では、次のようなやり取りも載せられている。

――おわび料200円はどのように算出したのですか。
高橋社長「約款返金の平均である52円をベースに検討した52円×3日間として156円が最初に出てきた。そこにおわびの意味を込め、200円という数字にした。どの範囲のお客様に返金が必要かを検討し、携帯電話やスマートフォンなどのお客様を対象にした」
――返金額75億円の規模感を教えてください。
高橋社長「過去最大の返金額だ。約款にのっとった返金対象に含んだ法人分は一部で、多くはそれぞれの企業とこれから話し合うことになる。個別契約のためコメントは控えたい」
(以上、日本経済新聞2022年7月30日付朝刊・第13面)

auの回線は契約していても、休日に使うことなんてほとんどない、だから通信障害のさ中も、影響が出ていたこと自体気付かなかった、という人はそれなりに世の中にいる、と自分は思っている(かくいう自分自身がそうである)。

それでも一律に支払いの対象としてしまう”気前の良さ”への驚きは、なかなか形容しがたいものがある。

たかだ「200円」、されど「200円」。

電話がつながらなくて困った、という方の中には、「これっぽっちかよ!」という思いももしかしたらあるのかもしれないが、総人口の3割が契約する巨大キャリアにとって、1契約者あたり200円、という数字は決して小さなものではないわけで、「75億円」ともなれば、小さな会社なら利益が全部吹っ飛んでも不思議のないボリューム感だったりもする。

それでもなお、約款上には存在しない”お詫び”の対応として、これだけの規模で「返金」までやってしまうとは・・・。

個人的には、こういったインフラ事業者の対応を見ると、先日最高裁で出された宮古島市の断水をめぐる損害賠償事件の判決(最三小判令和4年7月19日)もふと浮かび上がってくる。

(給水の原則)
第16条 給水は、非常災害、水道施設の損傷、公益上その他やむを得ない事情及び法令又はこの条例の規定による場合のほか、制限又は停止することはない。
2 前項の給水を制限又は停止しようとするときは、その日時及び区域を定めて、その都度これを予告する。ただし、
緊急やむを得ない場合は、この限りではない。
第1項の規定による、給水の制限又は停止のため損害を生ずることがあっても、市はその責めを負わない。

上記の水道事業給水条例の規定に基づいて損害賠償の免責を主張した市側(とそれを認めた福岡高裁那覇支部の判決)*1に対して、最高裁が、

水道法第15条
2 水道事業者は、当該水道により給水を受ける者に対し、常時水を供給しなければならない。ただし、第四十条第一項の規定による水の供給命令を受けた場合又は災害その他正当な理由があつてやむを得ない場合には、給水区域の全部又は一部につきその間給水を停止することができる。この場合には、やむを得ない事情がある場合を除き、給水を停止しようとする区域及び期間をあらかじめ関係者に周知させる措置をとらなければならない。

という水道法の規定(特に15条1項)の存在を示し、

「本件条例16条3項は、被上告人が、水道法15条2項ただし書により水道の使用者に対し給水義務を負わない場合において、当該使用者との関係で給水義務の不履行に基づく損害賠償責任を負うものではないことを確認した規定にすぎず、被上告人が給水義務を負う場合において、同義務の不履行に基づく損害賠償責任を免除した規定ではないと解するのが相当である。」

として現在の条例の免責規定をほぼ無効化してしまうような判断(破棄差戻)をしたことのインパクトは相当大きい。

幸いにも、今の電気通信事業法には、常時サービスを提供し続けることを基本とする水道法の15条2項本文に匹敵するような規定がないため*2、万が一裁判所の判断を仰ぐことになった場合でも、約款の内容や解釈に裁判所が大きく踏み込む、ということまでは考えにくいのだが、今回のKDDIがここで先手を打って約款の規定を超越する(ほぼ)全契約者に返金、という手を打った、というのは、目下の状況等を踏まえてもなかなか興味深く感じるところ。

もちろん、合計すれば全社的には相当な金額になるのに、個々の契約者側ではあまりありがたみが感じられない今回のような返金が、果たして合理的な策なのか、という指摘は当然あり得ることだろう。

ただ、あらぬ方向から飛んできた矢で約款の根本的な解釈を崩されるよりは、多少の持ち出しにはなっても広くあまねく支払対象にして、その先の手続きにもつれ込むリスクを極力減らす、ということには十分合理性も認められるだけに、今回の策が吉と出るか凶と出るか、もう少し様子を見てみてみたい、と思うところである。

*1:最三小判令和4年7月19日、林道晴裁判長、 https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/304/091304_hanrei.pdf

*2:「正当な理由がなければ役務の提供を拒んではならない」という水道法第15条1項に対応した規定は存在するが。

google-site-verification: google1520a0cd8d7ac6e8.html