一喜一憂するなかれ。

グループリーグ初戦でドイツに逆転勝ちして勢いに乗るチームと、スペインに大敗して戦意喪失しかかっていたチーム。

2戦目にこの2つのチームが対戦する、と聞けば、ほとんどの人が前者の勝利を予想する。

だから、日曜日の夜は、多くの人々が日本代表の勝利を信じて疑っていなかったように見えた。

23日のドイツ戦の報道を見るまでサッカーのW杯なんてものに全く興味がなかった人々も、最終予選で森保監督の采配を酷評していた人々も、宗派を超えて・・・というか、むしろそういう人々ほど、”乗り遅れた”悔しさを取り戻そうとするかのように勝手に代表チームの必勝ムードを煽っていたような気がする。

だが、一家団欒のゴールデンタイム、うまくいけば商業的にも絶好のコンテンツになるはずだったグループリーグ2戦目は、

世紀の凡戦

に終わってしまった。しかもたった一つの勝ち点さえも得られずに・・・。

もちろん、コスタリカは決して弱いチームではない。

北中米カリブ海予選で最下位に終わり、大陸間プレーオフで本大会に出場した、という「経歴」が評価を低くしていたところはあるが、当の予選の戦歴を見れ
ば、今年に入ってから、パナマ戦での勝利を皮切りに、メキシコ戦の引き分けを挟んで最後は怒涛の4連勝。1巡目の対戦では敗れたカナダ、アメリカにも、ホームゲームできっちり仕返しをして、トップのカナダとは僅か勝ち点3差のところにまで迫っている。

ニュージーランドに1-0で勝利したプレーオフにしても、一見すると辛勝だが、前半3分に先制し、その後は7割近いボール支配と15本のシュートを浴びつつも無失点で抑えきった、と聞けば、見方は大きく変わる。

日本選手の視点で試合を追いかけていると「攻めあぐねた」印象がどうしても強くなりがちだが、5バックの守備陣は見た目以上に堅固で、しかもちょっと気を抜けば逆襲に転じられるだけのテクニックもスピードも兼ね備えていたからこそ、攻めきれなかったところは当然ある。

日本が、守備陣のミスの連鎖で交通事故のような失点を先に喫してしまったために、最後までコスタリカの「本気の攻め」を目撃することはできなかったが、仮に日本が先制していればしていたで、同点、逆転の危機を感じながら、その後の時間帯を眺めなければいけない展開になったことは想像に難くない。

ただ、そんな「正論」を並べるのが許されないくらい、あの試合は、あまりに弛緩しすぎていた

日頃サッカーの試合など見ない、日本代表のこれまでの戦いにも大して関心を持っていなかった人々があの試合を見れば、明らかに幻滅しか生まれない。

だから、今後のプロモーション的要素まで考慮すると、「ただの1敗以上に大きな負け」になってしまったことは否定できないのかもしれない・・・。

続きを読む

スロー過ぎた流れが導いた、いつか見た光景

40年以上の歴史を持ち、過去には競馬史に残る名勝負も繰り広げられた「ジャパンカップ」から「国際競走」の香りが消えて久しい。

外国勢の勝利、というと、17年も昔まで遡らないといけなくなったこのレース。

年々高速化する日本の馬場に太刀打ちできなくなった欧州勢からは回避され、他の地域の馬も香港に流れる。

これも、凱旋門賞が日本馬から遠い存在になってしまったのと軌を一にする競馬の世界の「分断」の表れ、と言ってしまえばそれまでなのだが、大人しく他の地域を目指し始めた欧州勢とは異なり、日本の一線級の馬たちが10月にフランスに遠征する傾向はむしろ強まっていたりもするので、結果的にこのジャパンカップでは、海外勢だけではなく、国際レーティングで上位にいる日本の有力馬も揃いにくくなった。

それでも、ここ数年は、アーモンドアイ、コントレイル、という千両役者たちが勝っていたし、新型コロナ禍で海外遠征がしづらかった2年前などは、国内組による「オールスター」戦のような様相を呈していたから、本質的な”層の薄さ”が見えづらくなっていたのだが、今年のダービー馬以下、歴戦の勇者たちがロンシャンに勢ぞろいした今年のメンバーは、到底「国内最高額賞金レース」の冠にふさわしいものではなかった。

一応、昨年のダービー馬・シャフリヤールはいるものの、昨年同じレースで力負けの3着、今年も前哨戦の天皇賞・秋で離された5着、ということで、「主役」に推すにはインパクトに欠ける。

そして2番人気が三冠で一度も3着以内に食い込めなかった3歳のダノンベルーガ。3番人気が前走初めて重賞を勝ったばかりのヴェラアズールなのだから、”層の薄さ”は歴然としていた。

個人的には、今年に関しては、凱旋門賞から直行してきたオネスト、グランドグローリーや、ドイツでGⅠ含めて5連勝中のテュネスといった外国勢たちが一泡吹かせるチャンスもあるんじゃないか、と思ったくらいで、それならそれで、このレースが再び「国際競走」として蘇る良いきっかけになったかもしれないのだが・・・。

続きを読む

一瞬仰天したけれど・・・。

まだメディアにも「ドイツ戦勝利」の余韻が残っていた24日の日経夕刊の1面に↓のような記事が躍ってひっくり返りそうになったのは、決して自分だけではなかったはずだ。

金融庁証券取引所が3カ月ごとに上場企業に提出を求める「四半期決算短信」について、将来的に任意開示に切り替える検討を始める。重要事項の発生時にその都度公表する「適時開示制度」と一本化し、制度としての決算短信は年1回の提出に減る。企業の負担を軽減する一方、開示情報の充実を促す。四半期開示の見直しには慎重論もあり、実現するかは不透明だ。」(日本経済新聞2022年11月24日付夕刊・第1面、強調筆者、以下同じ)

四半期開示に関する企業側の負担の重さを背景に、四半期報告書と四半期決算短信の「一本化」が決まったのはつい最近のこと*1

確かに四半期ベースで作成するにはあの報告書は項目的にも手続的にも重すぎたし、その割には投資する側から見て有益な情報は少ない*2、ということで、「短信」への一本化は十分理解できるところではあったのだが、その一方で四半期ベースでの業績の「開示」が引き続き行われる、というのは当然の前提になっている、と自分は思っていた。

それが、舌の根も乾かぬうちに、また新しい方針に塗り替えられるとは・・・

件の記事は、読者にそのような誤解を与えるのに十分なインパクトのあるものだったように思う。

だが、本当にそうだったのか?

11月25日に行われた金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」のウェブサイトに「事務局説明資料」として掲載された資料*3に目を通すとかなり印象が変わる。

確かに、資料の3ページには、

「特に、企業環境の変化や情報技術の進展等を背景に企業が都度発信する情報の投資判断における重要性が高まっていることを踏まえると、将来的な方向性としては、期中においては、発生した又は決定された重要な事実について、信頼性を確保しつつ、適時に開示することに重点を置いた制度へと見直していくことが考えられるか」

という記述があり、「将来的な方向性」として決算短信が「年一回」になっている図も出てくるのだが、その前段階として「四半期決算短信」が義務付けられる段階というのも明確に存在しているし、続く5ページの論点整理を見ても、当面は四半期決算短信の一律義務付けを行った上で、「積極的な適時開示により期中において充実した情報が適時に提供される環境が確立できれば」さらに方向性を変えていくこともあり得る、という程度の話だと理解するほかない。

結果的に、会議翌日の日経朝刊では、記事のトーンもだいぶ収まり*4

金融庁幹部も「適時開示を充実させることは相当ハードルが高いことだ」と認める。第2段階の改革には実現の時期が示されておらず、検討を続けるとしながら問題を先送りし続けることも理屈の上では可能だ。今回の案は、改革を求める岸田政権の顔を立てつつ、情報開示の質と量は確保し続けようという金融庁の窮余の一策とのややうがった見方もある。」(日本経済新聞2022年11月26日付朝刊・第5面)

と”うがった見方”まで登場するに至ったので、やれやれ、というところではあるのだが・・・。

*1:「四半期報告書」廃止の意味。 - 企業法務戦士の雑感 ~Season2~参照。

*2:定性的な記述などは多くの会社でただの”コピペ”になってしまっているし・・・。

*3:https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/disclose_wg/siryou/20221125/01.pdf

*4:「社説」欄には「四半期開示の任意化には断固反対する」という見出しの春闘の檄文ばりの記事が載ってあらら・・・という感じではあったが。

続きを読む

そうだ、これは「アジアの」W杯なのだ。

始まる前は、中東、それも何もないことで有名だったカタールなんかでできるのか?という懐疑ムードが強かった4年に一度の祭典だったが、始まってしまえばいつものワールドカップ

国家の富を存分にアピールする立派すぎるスタジアムに、世界各地の予選を勝ち抜いた強豪国が集って本気のバトルを繰り広げ、そこに世界中から集まった大観衆がCOVID-19など昔の話、と言わんばかりに熱狂的な声援を浴びせ続ける。

飛び込んでくる映像を見る限り、その絵は4年前のロシアや、8年前のブラジルと比べても何ら遜色ない。

久しぶりにフルでサッカーの試合を見た人間にとっては、多用されるVARで度々中断される展開にはどうしても違和感があるし、AIによるオフサイドの「厳格」な判定もかえって本当の意味での”公正さ”からは試合を遠ざけているように思える。

長々と確保されるアディショナルタイムは「90分のスポーツ」という常識を覆し、観戦者の生活リズムも微妙に狂わせる。

そして何よりも、「見る」ためのツールが、テレビではなくスマホやノートPCになった、という現実に、「良い時代になったものだ」と喜びつつも、どことなく戸惑いを感じている自分がいる。

だが、いつもより短い大会期間に、一日4試合、ぎっちりと詰め込まれた試合日程を追いかけていけば、そんなあれこれに慣れるのも恐らく時間の問題。

「簡単には取れない『1点』を取り合う」というサッカーの本質が変わらない限り、多少ルールが変わろうが、視聴するツールが変わろうが、繰り返される興奮に変わりはない・・・我らが日本代表初戦の熱狂に90分+α、じっくり浸った後、なおさらその思いを強くした。

続きを読む

遅れてきた良血馬と”馬産地”の意地がもたらした波乱。

エリザベス女王杯、と言えば、ちょっと前まではノーザンファーム社台ファームの馬たちの独壇場のようなレースだった。

ここ10年、「血統が良い馬が走る」という当たり前の現実を嫌というほど思い知らされてきた中でも特に「エリザベス女王杯」とくれば、煌びやかな良血馬たちが主役を張り、ここで得た看板を引っ提げて繁殖に上がる、そんなサイクルの一つに過ぎないようなレースだと勝手に思っていた。

最近では、一昨年、ラッキーライラック、サラキア、ラヴズオンリーユーと、ノーザンファームの馬が上位を独占したのが記憶に新しい。

新型コロナ禍の真っ最中で、競馬だけが存在感を発揮していたあの頃は、まだ”王国”にも、その主戦騎手にも、一片の陰りもなかった。

だが、あれから2年。エリザベス女王没後初めて行われたこのレースの主役は完全に入れ替わってしまった。

1番人気に推されたのは2年前の三冠牝馬・デアリングタクト。母までは社台ファーム育ちとはいえ、自身の生まれは日高。

いわば「馬産地の星」とでもいうべき存在の5歳馬が、スタニングローズ、ナミュールといったノーザンファーム自慢の3歳牝馬を迎え撃つ構図は、なかなか見かけないパターンではあったし、時代の変化を予感させるに十分だった。

それでも、「そうはいっても最後はノーザンだろう」と、2番人気のスタニングローズから、人気薄めのアンドヴァラナウト、ルビーカサブランカに流して、今や遅しとレースを待ち構えていたのだが・・・

続きを読む

意外でも何でもない「必然の26人」

前々から知ってはいたが、長年刷り込まれたカレンダーからはあまりに外れた日程ゆえ、まだ「直前」モードには入れない今年のカタールW杯。

だが、登録メンバーの発表となると、いよいよ・・・という気分にはなってくる。

日本サッカー協会は1日、ワールドカップ(W杯)カタール大会(20日開幕)に臨む日本代表26選手を発表し、久保建英レアル・ソシエダード)や相馬勇紀(名古屋)らがメンバー入りした。長友佑都FC東京)と川島永嗣ストラスブール)は4大会連続のW杯となる。」(日本経済新聞2022年11月2日付朝刊・第37面)

これまでよりちょっと多い26名の選出。

この後に続く記事で「落選」と報じられた選手も何人かいるが、個人的にはほぼ違和感のない手堅い人選だな、という印象だった。

新型コロナ禍の影響で、様々なスケジュールが狂い、昨年の東京五輪から年を跨いだ最終予選まで限られた代表レベルの試合が一気に続いた、そして、試合を重ねるごとにチームの形も明確に見えてきた、というのが今大会の特徴で、それを踏まえるならメンバー内での序列の入れ替わりはあっても、メンバー自体が大きく変わることは考えにくい。

だから、セルティックでどれだけ結果を出していても古橋亨梧選手がメンバーに入れないのはもはや必然、といえるわけで*1、逆に故障を抱えていても、今の代表での実績がある限り、板倉滉選手や浅野拓磨選手は入ってくる*2

経験豊富な大迫勇也選手や原口元気選手が選考から漏れたことへのブーイングもチラホラ上がっているようだが、そこは「南アフリカ歓喜」を知る川島永嗣選手、長友佑都選手、さらに吉田麻也選手、酒井宏樹選手、といった守備側のレジェンドたちがいれば十分、と判断したのだろう。

MFに関しては、今季の鎌田大地選手、三苫薫選手の躍進を考慮すると、いかに最終予選で奮闘していたとはいっても、控え組のベテラン勢にはもはや居場所はなかったし、柴崎岳選手か原口選手か、と言われれば自分は柴崎選手を選ぶ*3

FWも、直近のエクアドル戦の後半に上田綺世選手が見せた安定感あるポスト役としてのパフォーマンスを見たら、「ここが世代交代のタイミング」と考えるのは自然だったと思われる。

もちろん、この手の話で誰もが満足する答えを出す、というのは不可能なわけで、難癖をつけようと思えばいくらでも付けられる。

自分も、メンバーの一覧表をパッと見た時に、一番左の列(GK、DF陣)の平均年齢がやたら高く見えるのが気になっていて、経験豊富といえば聞こえは良いが、「最初の3試合」を超えてハードな連戦をこのメンバーで乗り切れるのか*4、という疑念は湧いてくるし、そう考えると、もっと若いメンバー(GKなら谷晃生選手、DFなら瀬古歩夢選手、ついでにFWで町野修斗選手も)を入れても良かったんじゃないかな、と思ったりしなくもない。

でも、そんなものは所詮、素人の浅知恵に過ぎない。

勝てば英雄、負ければ戦犯。開幕前はそれほど盛り上がっていなくても、いざ大会が始まれば、依然としてそこそこの数の視聴者が映像に惹きつけられ一喜一憂する。そして、結果が全ての世界で、早々に敗退しようものなら容赦なく罵声を浴びせる。

その厳しさを一番よく知っている監督以下のスタッフが選んだメンバーなのだから、ピントが外れているはずもない。

そう信じて、あと1ヶ月を切った祭典の始まりを、静かに待ちたいと思っている。

*1:そもそもスコットランドリーグでの実績をどこまで額面通り評価するか、というところも考慮されたような気がする。

*2:もっとも、これまで通り23名の枠だったら、板倉選手はともかく浅野選手のメンバー入りは厳しかったはずで、その点、「枠拡大」に救われたところはあるような気がする。

*3:ここは完全に個人的な趣味の世界になってくるかもしれないが・・・。

*4:本来なら、最年少でフル稼働する立場の冨安健洋選手が故障を抱えていつ離脱しても不思議ではない状況だけに、なおさらそう思う。あと、GKに関しては、4年後このメンバーが誰もいなくなって技術継承できなくならないか?ということもちょっと気になる顔ぶれである。

2022年10月のまとめ

毎年のことではあるのだが、一年が残り3カ月を切ると時間もあっという間に流れる。

CSの1stステージに胸をときめかせたのは一瞬、気付けば贔屓チームはあっけなく敗退し、日本シリーズもまさかの「リベンジ」で再びパ・リーグに凱歌が上がっていた*1

未だ収束を見ない”統一教会”問題に、下落の一途を辿る内閣支持率。たびたびの介入にもかかわらず、強いドルの前に我らが通貨は負け続け、安定しない経済情勢の下、決算発表を迎えた各社の業績もまだら模様。そうこうしているうちにありとあらゆる物価は上がり、戻り始めた客足も鈍る。唯一好材料のように見えるのはリバウンドを見せ始めた旅行需要だが、現場に目を向けると人手が足りずに汲々としている残念な現実。

ということで、本業のネタもそれ以外のネタも、書きたいことは山ほどあったのだが、そうでなくても慌ただしい時期にいろいろと書き物が重なってしまったのが運の尽きで、原稿でも講演のシナリオでも、頼まれた仕事を仕上げるために集中しようとすると、自ずから他の書き物との相性は悪くなる*2

結果的に、月の3分の1も更新できず、ページビューは13,000強、セッション9,500弱、ユーザー6,000弱、と低空飛行を続けていることには忸怩たる思いしかないが、今は耐え時、と自分に言い聞かせて何とか乗り切った1ヶ月であった。

<ユーザー別市区町村(10月)>
1.→ 大阪市 390
2.→ 千代田区 290
3.→ 港区 255
4.↑ 横浜市 200
5.↓ 新宿区 176
6.→ 渋谷区 143
7.↑ 名古屋市 129
8.↑ 世田谷区 122
9.→ 札幌市 99
10.↓ 中央区 97

先月垣間見えた”オフィス回帰”の傾向は今月も続いているが、”戻り”も今のレベルが概ねMAXかな、と思うところはあって、この序列が今後しばらくは続くのではないかと思っている。

また、検索ワードは↓のような感じ。

<検索アナリティクス(10月分) 合計クリック数 2,465回>
1.→ 企業法務戦士 143
2.圏外フェアな競争 感想 46
3.↓ シャルマントサック 裁判 45
4.→ 学研のおばちゃん 現在 32
5.↓ 東急グループ 序列 30
6.↓ 学研のおばちゃん 25
7.圏外フェアな競争 23
8.↓ crフィーバー 大ヤマト事件 19
9.圏外アドマイヤムーン事件 16
10.圏外東京永和法律事務所 13

珍しく出てきた「フェアな競争」って何の話だろうと思ったら、洋上風力のエントリーだったか・・・*3という発見とか、「アドマイヤムーン事件」が思い出される季節になってきたのだなぁ、とか、いろいろ思うところはあるが、ここでは掘り下げない。

また、こんな停滞した状況でも、↓のエントリーがTwitterの月間インプレッション首位(5,267)の記事として挙がってきた、というのはちょっと嬉しかったりもする。

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

あれこれ集中してテンパっている時に限ってさらに新しい仕事が舞い込む、というのは昔からよくある話だから、月が変われば余裕ができて・・・なんてことを今宣言するわけにはいかないのだけれど、どこかでまた温めてきたネタを吐き出せるときは来る、と信じてもう少し頑張ってみようと思うところである。

*1:オリックスの優勝、と聞くと、随分とレアな場面に遭遇した気分になるが、「パ・リーグのチームが優勝」というのは一昨年前まで長く続いた風物詩だから、もはやマンネリ感しかない。

*2:これが普通の仕事だけなら、どれだけ打合せやその他のあれこれが重なっても、気分転換でブログを・・・という行動様式に持っていけるのだが、それが書き物だと別のところで「書く」気力さえ失われてしまうので、どうにもこうにもブログの更新は捗らなくなる。

*3:k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

google-site-verification: google1520a0cd8d7ac6e8.html