ブログ

2020年7月のまとめ

とにかく全速力、という感じで駆け抜けた7月が終わった。先月の終わりの時点で「第2波」が来そうな気配はあったし、世の中に「新常態」が何となく浸透しそうな気配もあって、少しは落ち着いて過ごせる時間も増えるだろう・・・なんて思ったのが全くの読み違…

2020年6月のまとめ

一年の半分が終わった。・・・といっても、その半分以上は事実上「緊急事態」の下で過ごしていたようなものだったから、何だかピンとこないところはあるのだが、それでも暦の上ではJUNEが終わり、カレンダーをめくればもうすっかり真夏のムード、というのが…

2020年5月のまとめ

長く続いてきた「新型コロナウイルスとの戦い」も、連休明けからの感染判明者数の減少、そして緊急事態宣言の解除により、何となく「収束」ムードになりつつある。冷静にデータを見れば、北九州市の例を挙げるまでもなく、まだまだクラスタの芽はあちこちに…

2020年4月のまとめ

3月から4月というのは、肌寒さと温かさが入り混じる季節で、しかも慌ただしく様々なことが起きる、という意味でも記憶に残ることが多い時期。特に一昨年、昨年といろいろあっての今年だったから、1年前を振り返って「この季節が来たか・・・」と苦々しい思い…

2020年3月のまとめ

先月以上に、輪をかけて「新型コロナウイルス」の脅威がヒートアップした、長いようで短かかった1か月が終わった。この話題に触れ始めた頃は、まだまだ「大した話じゃない」「自粛よりも経済活動を!」みたいな声の方が優勢で、とても肩身の狭い思いをしてい…

2020年2月のまとめ

ちょうど月の始めにWHOの掌を返すような緊急事態宣言で始まり、この週末までイベント自粛、学校一斉休校でバタバタ、と、まさに「コロナ」で始まり「コロナ」で終わった1か月だった。おかげで、3月に花咲くはずだった仕込みは、しばらく寝かせることになり、…

2020年1月のまとめ

早いもので、年が明けたと思ったらあっという間に12分の1が終わった。そんなの今年に始まったことではないし、季節の移り変わりも、世の中のあれこれもキャッチアップできるだけの余裕がある分、ここ数年と比べると今年ははるかにマシだな、と思うのだけれど…

2019年12月&通年のまとめ

思えば、旧はてなダイアリーから「はてなブログ」に移行したのは、ちょうど今年の初めのことだった。それからいろいろと起きたことの総括は、既にエントリーで上げたとおりなのだけど、この一年はブログ的にも、6年ぶり、7年ぶりのアクセス数回復、といった…

最高だった一年の最後の日に。

一年365日、歳を重ねるたびに過ぎていくスピードは速くなる。そして今年も決してそれは例外ではなかったはずなのだが、「あっという間に」の一言で括るには、いろんなことがあり過ぎて、これまでの数年よりは、ちょっぴり長く感じたような気がする。この一年…

「法務系 Advent Calendar 2019」の表裏を見ながら思ったこと。

ここ数年、すっかり年末(正確にはクリスマスへのカウントダウン)の企画として定着した感のある「法務系Advent Calender」企画。adventar.orgadventar.org 正直、そうでなくてもフリーな時間を確保するのが難しい12月*1、あらかじめ決められた日に向けたコ…

2019年11月のまとめ

時間はあっという間に過ぎていく。気が付けば今年も残すところあと1か月。しばらく続いていた安定しない気候も、11月の最後の最後になって、ようやくキリリと晴れた空に寒気、といういかにも冬らしいモードに切り替わった。ここ数か月の間に、夏の終わり頃か…

2019年10月のまとめ

改めて振り返るまでもなく、キツイ1か月だった。先月下旬に一度週末を棒に振ったことで様々な締切、納期がタイトになって、それでも加減を考えずに次々と新しい仕事を受けているうちにいろいろと大変な状態になった、というのが正直なところ。そして、大体そ…

”タブー”を乗り越えて。

前日のエントリー*1に対するあれこれのリアクションを拝見していると、「総務系」の仕事の闇の深さは日本中至るところで共通する話なのだな、と改めて実感する。そして、「総会屋対策」にしても「談合」にしても、それまで常識のように行われていたことに対…

850万ページビュー到達

2019年9月27日、ブログの開設から14年と約2か月くらいのタイミングで、ようやく850万ページビューに届いた。そうでなくてもここ数年ペースが落ち気味の上に、カウント数が比較的高めに出る傾向があった「はてなカウンター」がなくなってしまったことで、ます…

熱狂の宴の後の現実との対峙。

10日付のエントリーをいろんな方が宣伝してくださったおかげで、(他の人が書いて下さったコンテンツの「顧客吸引力」あっての話にもかかわらず)昨日、今日のページビューがどえらいことになった。ここ数日別の仕事にかかりっきりになっていることもあって…

2019年8月のまとめ

環境が変わって以来、基本的に「忙しい」という状態は極力身の回りから排除しようと思い続けてここまで来て、今年の夏ものんびり過ごせれば、と思ってやってきたのだけど、短い夏も終わりかけのこのタイミングになって、何かとバタバタする状況が戻りつつあ…

ブログ開設から14年を迎えて~「法務職域論」に関する若干の考察

8月4日は、自分の中では「当ブログ開設記念日」ということになっている。 始まったのは2005年だから、今年で丸14年。決してキリの良い区切りではない。だが、それにかこつけて、今SNS界隈で、「法務職域論」(柔らかく言えば「法務の役割論」だろうか)なる…

2019年7月のまとめ

月末になって、ようやく長い長い梅雨が明け、かろうじて本格的な夏が到来した今年の7月。 でも、梅雨明けからわずか数日しか経っていないのに、既に昨年よりはるかに長く夏の陽射しを感じられたような気がして、今こうやって幸福な時間を過ごせることに心か…

Day100

今日は、暦の上ではなんてことのない平日の一日なのだが、自分にとっては「区切りの第一歩」を踏み出してからちょうど100日目、である。k-houmu-sensi2005.hatenablog.comそれまでの20年超が一瞬でリセットされ、ほぼ白紙の状態でスタートして、どうなること…

初心を忘れるな、という思いを込めて。

前日のエントリーでもさらっと書いたブログのプチ・リニューアルだが、これまでの無機質なアイコンをちょっと変えてみた。このデザインは、現在、IPTech特許業務法人所長としてご活躍中の絵心あふれる安高弁理士・公認会計士が、かつてご自身のブログに対談…

2019年6月のまとめ

あっという間に6月も終わり、そして今年の半分が終わった。 相変わらず、ここ数年に比べればはるかにゆったりとした時間の流れが続いているが、それでもいろいろと動く中での慌ただしさはあるし、「忙しい」と感じる主観的基準のレベルが以前と比べると著し…

最近、嬉しかったこと。

長く「企業法務」を看板に掲げてブログを書いているとその縁で知り合う方も出てくるし、それがきっかけでかれこれ10年近くやり取りさせていただいている方もいらっしゃったりするのだけど、リップサービスだと分かっていても、 「○○さんのブログを見て、私も…

2019年4月のまとめ

ここ数年続いてきた目まぐるしい日々から一転、穏やかに流れる時間の中、過ぎていった1か月だった。そうはいっても、土日も含めて、あっちに行ったりこっちに行ったりの日々だったから、家で一日中春眠をむさぼれた日はほぼ皆無だったし、ガツガツとインプッ…

2019年3月のまとめ

本当に目まぐるしく、山あり谷あり、ジェットコースターのように過ぎていった月だった。 既にチラホラとエントリーでも書いた通り、保守(保身)的思想に陥った「組織」の虚しさ、バカバカしさ、そして、それに操られる人間の愚かさを徹底的に見せつけられ、…

2019年2月のまとめ

「2月は一瞬で去る」という長年の言い伝え通り、体感的には、「28日」という日数よりも遥かに短く過ぎ去りし月だった。 仕事を一つ一つ片付けるたびに、「もしかしたらこれが・・・」という感傷に浸っても不思議ではないタイミングではあるのだけれど、月250…

冬のちょっとした異常事態。

かつて、寒いところでの生活を腹いっぱい味わったはずの自分でも、今年の冬は「寒い」の一言である。シカゴの体感温度には及ばないものの*1、陸別町で観測された「氷点下31.8度」なんて、数字を見ただけで全身の血流が凍りつきそうだし*2、そこまで行かない…

2019年1月のまとめ

「明けた」と思ってふわふわしている間に、あっという間に様々なものが押し寄せ、気が付くと終わっている。 1月はそんな月である。そして今年も例外なく、一瞬で過ぎ去ってしまった。スタートした時はブログの装いも新しくなって、それなりの意気込みがあっ…

新しい年に、新しい場所で最終章の始まり。

2019年という新しい年を迎えるにあたり、装い新たに「はてなブログ」に移行しました。 2005年8月の開設以来、「はてなダイアリー」で積み重ねた829,500強のアクセスを糧に、これからもうしばらくの間、「企業法務戦士の雑感」の最終章をお届けできればと思っ…

2018年12月&通年のまとめ

「今年も残すところあと数日」という時期になると、少しまとまった時間が取れるのと、1年間ブログの更新をさぼっていたことへの罪悪感から、急に思い立ってエントリーを上げ始める、という例年のパターンを繰り返し、今月はブログの移行作業と平行しつつ、最…

2018年11月のまとめ

とうとう残すところあと1カ月、というタイミング。 既に、月末をだいぶ過ぎたところで遡ってエントリーをあげているのだが、それでも10月のまとめがついこの前のことに思えてしまうくらい、時間感覚が狂ってしまったのが、今年の様々な誤算の遠因になってい…

google-site-verification: google1520a0cd8d7ac6e8.html