生活雑事

遅すぎた「令和初上げ」

元号が変わって、日常が戻ってから7日間、ずっと下がり続けていた日経平均が、 今日ようやくわずかに上昇に転じた。日本人が長い休暇に浸っている間に、大統領が発したツイートを皮切りに市場に大きな不安を与え続けている米中通商紛争。 そして、そんなムー…

何にも変わらなくっても。

長い連休だったか、短い休みだったかは人それぞれだろうが、 大勢の人が揃って「令和」を迎えるのは今日が最初、という方は決して少なくなかったのではないかと思う。休みの間にテレビの特番を見て、何となく「新しい」気持ちになって職場や学校に行った人は…

すぐに何かが変わるわけではないけれど。

本来であれば、「5月1日」という日は、「月の初め」ということ以外には何の変哲もない日だったはず。 それが、いろいろあって、約200年ぶりの記念すべき儀式の日、ということになった。毎朝見ているカレンダーは昨年の暮れに配られたものだから、「祝日化法…

つなぐ、ことの意味。

おかげさまで、というか何というか、いろいろとドラマチックな人生劇場を演じてしまった(しかもまだその渦中にいる)こともあって、毎晩、飲み会のオファーが絶えることのない幸せな生活(苦笑)を送っている。行くたびに、前向きな話でも後ろ向きな話でも…

「新卒一括採用」の呪縛から解き放たれるとき。

ここ数年の迷走を見ながら、いつかはこうなるだろう、と思っていたが、この国にしては意外と早く事が決まったようである。 「経団連は新卒の学生の就職活動について、通年採用を広げていくことで大学側と合意した。春の一括採用に偏った慣行を見直す。能力を…

5年後、「北里柴三郎」の出番はあるのか?

昨日、日が変わったくらいのタイミングで速報が流れ、その後、正式な発表も出た「新紙幣」のニュース。 最初は「令和元年」に合わせてタイミングよく発行するのかな?と思っていたのだが、よくよく聞いたら5年も先の話で、これはちょっとセンスないな…と思っ…

できすぎたストーリー

数日前、トーナメント戦でまだ勝ち上がっている学校の中に「東邦」という名前を目にして以来、もしかしたら・・・という予感はあったのだけれど。 「第91回選抜高校野球大会最終日は3日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に2万7000人の観衆を集めて決勝が行われ…

育てる、という立場にいる者の苦悩。

ここ数日のニュース。結果がどう使われるのか今一つ分からない沖縄の県民投票とか、女性枠をはねのけてまで最高裁判事に収まった宇賀克也教授とか、トリニータに開幕戦で負けて本格的にJ2落ちが見えてきた名門アントラーズとか、なんだかモヤモヤする話はた…

冬のちょっとした異常事態。

かつて、寒いところでの生活を腹いっぱい味わったはずの自分でも、今年の冬は「寒い」の一言である。シカゴの体感温度には及ばないものの*1、陸別町で観測された「氷点下31.8度」なんて、数字を見ただけで全身の血流が凍りつきそうだし*2、そこまで行かない…

「リンゴ」時代の終焉が象徴するもの。

新年早々、売上高予想の下方修正をぶちかまして市場を壊すんじゃないか、とひやひやさせてくれた米アップル。 幸いなことに、4日の夜に発表された雇用統計で米国の景気自体は堅調だ、ということに皆気付いたし、業績不振もアップル固有の問題に過ぎないので…

落ちる〜落ちる〜よ、株価は落ちる〜

日本語的には、株価は「下がる」ものなのかもしれないが、今日に関しては「落ちる」という表現しか出てこない・・・そんな日だった。日経平均で見れば1,010円45銭安。下落率でいうと-5.01%。 自分は元々資産の4割をこの手のリスク資産で運用している人間だ…

「平成最後の」という冠がふさわしい最初で最後の季節。

バタバタしているうちに過ぎていく年の瀬だが、この一週間で一つ二つ大きなヤマを越え、さらに強制的に三連休、ということで、ちょっとひと息付いている。久しぶりにスーパーで買い物をしたら、目についたのが「30周年」のラベルの付いたサッポロ冬物語。 そ…

試されているのは「被災地」だけではない。

ここ数年、全国各地で自然災害のニュースを目にしない年はないのだが、そんな中でもこの1週間はちょっと特別すぎた。台風21号直撃で関西国際空港が“水没”、そして、その続報を追いかける間もなく、6日未明には北海道を震度7の強烈な地震が襲い全道大停電と…

「携帯電話料金4割下げ余地」発言に思うこと。

現政権で長く今の地位にいる某官房長官が、講演で携帯電話利用料について「今よりも4割程度下げる余地がある」と発言した、というニュースが22日に報道されて、またか・・・という思いに駆られた人も多かったことだろう。元々、この業界、「2年/4年縛り」…

つかの間、ゆっくりと時が流れ・・・。

一年12カ月の中では、一番ゆったりと時が流れている気がする8月。 自分も含めて、皆が代わる代わる休暇に入っている感じで、人が揃わないから仕事のペースも何となくのんびりムードになる。もちろん、ここで仕事が足踏みしたツケを秋以降に払うことになるの…

必要なのは、発想の転換。

今年は早々と「猛暑」が日本列島を覆い、まだ7月だというのに一部の地域は豪雨にさらされ、遂には「東から西へ」という常識外れの台風まで本土に上陸した。そんなわけで、新聞を開けば「異常気象」という言葉が目に飛び込んでくるわけだが・・・確かに、今年…

京大「立て看」闘争に思うこと。

今年に入ってからAIスピーカーが順調に稼働していることもあって、ここ数か月、ラジオは聞いてもテレビは見ない、ラジオもヘッドラインニュースだけ聞いて後は音楽、という生活になってしまった*1。元々、10年以上ブログをやっているにもかかわらず、ネット…

ちょっとしたサプライズの清涼感。

長い休暇を目の間にすると、どうしても普段できないあれやこれや、をやってやろう、という妄想に取りつかれるのだが、「●●に行く」といった類の(一通り事前に段取りを立てておけば後は誰かが勝手に自分の体を運んでくれる)ことならともかく、自分の頭でタ…

最終兵器コウノトリ

最近、テレビも週刊誌も見ていないので、ネットニュースと新聞の活字を追いかけただけなのだが、そのニュースを見た時に、このご時世で「挙式は2年先延ばし」なんて話があるものなのか、としみじみ思った。もちろん、いかに「婚姻が両性の合意のみで成立する…

相次ぐ好決算の裏の株価急落と人生訓のようなもの。

年明けに23,000円台の壁を易々と突破し、その勢いで先月の終わりごろには一時24,000円台まで乗せた日経平均株価。 目下連日報じられている四半期決算の様子を見ても、今の日本が空前の好景気のさなかにある、ということが良く分かる。にもかかわらず、米国株…

大寒波、っていうから・・・

今朝は「大寒波到来」という触れ込みで、寒くなる寒くなる、と言われていたから、どれだけだろう、と思っていたら、東京では氷点下4度くらい、ということでかなり拍子抜け。 えーと、それって、この時期の札幌の最高気温くらいだよね・・・(苦笑)と。もち…

雪が降った日に思うこと。

東京にしては珍しく雪が降り、そして、予定調和のように、今回もまた夕方から「足が乱れる」展開となった。自分は、日中移動していた時に、多少の混雑とノロノロ運転の影響を受けたくらいで、ほとんど「被害」を受けずに済んだので良かったのだけど、積もっ…

突き抜けた壁の向こう側にあるもの。

新春早々の大発会、日経平均は右肩上がりで上昇を続け、昨年どうしても破れなかった「終値23,000円台」の壁をいとも簡単に突破してしまった。 年初来高値を一気に120円以上更新し、1992年以来の高値に・・・。今年は、まだ仕事初めを迎えていない会社も多く…

これが最後のプレミアムフライデー?

政府肝いりの施策、ということで華々しく始まった「プレミアムフライデー」も、2度目の日程が、年度末にぶち当たる、といったカレンダーんの巡り合わせの悪さもあって、もはや風前の灯、である。とはいえ、今月はまだ夏休みムードが残るタイミングで巡ってき…

ソラマチの未来。

先日、開業したばかりの東京スカイツリーを見に行く機会に恵まれた。「スカイツリーを見に行った」といっても、そうでなくても混むことが分かっているこの時期に、プラチナチケットの争奪戦をしてまで高いところに登る趣味は自分にはないので、とりあえず押…

6年ぶりの雪。

雨予報の日にしてはやたら冷えるなぁ、と思っていたら、やっぱり・・・。夕方から夜にかけて用事を済ませ、外に出たら、中途半端に積もった雪が微妙に溶けながら凍り付いてて、足許がおぼつかないことこの上なかった。たかだか2〜3時間飲み屋で引っかけてい…

今年の冬

節電でオフィスの暖房をかなりケチっている、というのがあるにしても、今年の冬はいつになく寒い気がする。この日届いた電力料金の明細を見ても、あらびっくり・・・。 今年の夏頃の数字と比べると、実に倍以上の消費電力になってしまっている。元々、自分自…

明らかに逆効果な・・・

年が明けて会社に行くと、うんざりするのが、自分の「名刺の宛先」宛てに来た年賀状の山。こんな時代でも、自分は蒼井優に催促されるまでもなく*1、年賀ハガキを買ってきて25日までに投函する、というJPに優しい人間だし、いただいて嬉しい年賀状もたくさん…

お雑煮を食べながら思ったこと。

「切り餅」の特許権侵害事件、といえば、ここ数年、話題を振りまき続けている極めてタイムリーかつセンシティブな話題で、このブログでも、一昨年の地裁判決、そして昨年の知財高裁判決と、フォローを続けているところ。 東京地裁判決 :http://d.hatena.ne.…

何で今さら・・・と言いたくなる瞬間。

正午をもって、めでたく予定通り地上デジタル放送に移行し、アナログ58年の歴史に幕を閉じた24日、日曜日(東北3県を除く)。だが、総務省テレビ受信者支援センター「デジサポ」には、放送終了後から午後6時まで、大量の問い合わせが相次いだ、ということが…