生活雑事

「自ら判断する」ために必要な情報を届けることの大切さ。

数日前から予告されていたとおり、今日は台風19号の接近に伴って朝から雨が降り続き、そして公共交通機関からスーパーまで生活を支える様々な都市機能も文字通り止まった。自分の場合、元々「超地元密着」の行きつけの医院*1に行くくらいしか用事がなかった…

勇気を出して、小銭を捨てよう!

消費税率引き上げからはや1週間。世の中で暴動が起きているわけでもないし、自分自身、そんなに高い買い物をしたわけでもないし、ということで、引き続きほとんど実感なく過ごしている状況ではあるのだが*1、そんな中、さすが日経、という感じの記事が出た。…

「2%」のアヤ

経済評論家から市民運動家まで、SNS上の匿名の声から街角のインタビューに答える人たちの声まで、いろんな方面からの恨みつらみが飛び交う中、淡々と、だが本来の予定(平成29年4月1日)を考えれば「ようやく」というタイミングで消費税10%引き上げが実…

時代の流れとともに失われるものの寂しさと、未来への希望と。

○○エフェクト、って言葉が最初に囁きだされたのはいつ頃のことだっただろうか。確かにCDショップの衰退に始まり、Amazonの脅威の下で消えていく書店、小売店、といった類の話が米国発で世界中に広まってきていて、最近ではフォーエバー21、お前もか!という…

人生は紙ヒコーキ。

いろんな仕事を抱え込んでしまったおかげで、せっかくの二度の三連休もほとんど仕事で食い潰す状態に。これがいわゆる「自営業の罠」か・・・と嘆きはすれど、やらされている感がない分、まぁ楽しいかな、と。で、外にも出られずPCに向かいながらラジオを聴…

上り坂?下り坂?あるいはまさか・・・?

日本が3連休に浸っている間に、サウジアラビアの油田がドローン攻撃を受け、産油量の日量半分が出荷不能になった、ということで原油価格は急上昇。 先週まで根拠なき9連騰に沸き立っていた東証日経平均も早々に下げに転じる・・・はずが、昨日もわずかながら…

熱狂の宴の後の現実との対峙。

10日付のエントリーをいろんな方が宣伝してくださったおかげで、(他の人が書いて下さったコンテンツの「顧客吸引力」あっての話にもかかわらず)昨日、今日のページビューがどえらいことになった。ここ数日別の仕事にかかりっきりになっていることもあって…

この気象が、いつかライフスタイルを変えてくれるのか?

台風15号が、関東を直撃した。ここ数年、この季節には、全国あちこちで「異常」という形容詞の付く雨風絡みの災害が発生しているし、首都圏も決してその例外ではなかったはずだけど、いきなり「千葉県に上陸」となると、やはりただ事ではないわけで、予報で…

できっこないをやらなくちゃ。

世の中を見回すと、日本とか韓国みたいな極東の国々の話はどうでもいいよ、と言わんばかりに、世界1位の国と2位の国が、ガチンコで取っ組み合いの喧嘩をおっ始めている。その前にあるのは、これまで長い間、皆が世界の秩序を支えていると思っていた「G7」だ…

気候区分の変化を感じさせる肌感覚。

一昨日、昨今の「東京オリンピックをこんな暑い東京でやって大丈夫なのか?」というネタに反応したエントリーを書いたら、思いのほかリアクションがあったのだが、そういえば、と思い当たることがあって・・・。ここ数年に比べると短い今年の夏だが、今週は…

再びの日常と、まとわりつく熱波と。

ということで帰京。飛行機が羽田に着くときに、 「今日の最高気温は28度、過ごしやすい天候となっておりますが・・・」 という感じのアナウンスが流れてオッと思ったのだが、問題なのは、気温以上に湿度そして「狭い街にたくさんの人」というゴミゴミ感。 残…

歴史は繰り返す。

今年2度目の米国発逆イールドの報道。 しかも、今回は投機筋のレベルを超えて、よりファンダメンタルなところで起きている話なので、いよいよ”再来”かな、という雰囲気になっている。これまで自分は本当に運が良くて、会社組織の中で仕事をしている時は、一…

経営も市場も「生き物」だから。

夏の暑さが猛威を振るう中、先週から今週にかけて、各社四半期決算の発表が続いている。 ここ数カ月の間に、ちょっと立場が変わって、お付き合いする会社が出てきたりもしたものだから、(それまでの一般的な投資、という観点を離れて)決算短信とか説明資料…

暑い夏の冷や水も何のその。

関東地方が梅雨明けしてからまだちょうど1週間くらいしか経っていないと思うのだが、気づけば連日「今年もずっと前からこの天気だった」と言わんばかりの暑さ。とはいえ、毎年強調している(?)ように、自分はこの暑さが全く嫌いではないし、夏が例年より短…

「年に一度の大感謝祭」と、どうでもよい思惑。

前日くらいから、家の人が「今日から年に一度のAmazonプライム大感謝祭だ!」と耳元で騒がしい・・・。Amazonのプライム会員にはちょっと前からなっていたものの、例年なら慌ただしい日常の中、どうでもよい感じで通り過ぎるイベントの一つに過ぎなかったし…

憂鬱な雨の日はよく冷えたコーヒーでも。

毎年のこととはいえ、梅雨の季節というのはなかなか憂鬱なもの。 しかも、ここ数年は結構早いタイミングで明けてた気がするだけに、7月の2週目に入ってもまだ雨に祟られる、というのは結構鬱陶しい。こんな天気だと週末のルーティンにしているカフェ通いもど…

遅すぎた「令和初上げ」

元号が変わって、日常が戻ってから7日間、ずっと下がり続けていた日経平均が、 今日ようやくわずかに上昇に転じた。日本人が長い休暇に浸っている間に、大統領が発したツイートを皮切りに市場に大きな不安を与え続けている米中通商紛争。 そして、そんなムー…

何にも変わらなくっても。

長い連休だったか、短い休みだったかは人それぞれだろうが、 大勢の人が揃って「令和」を迎えるのは今日が最初、という方は決して少なくなかったのではないかと思う。休みの間にテレビの特番を見て、何となく「新しい」気持ちになって職場や学校に行った人は…

すぐに何かが変わるわけではないけれど。

本来であれば、「5月1日」という日は、「月の初め」ということ以外には何の変哲もない日だったはず。 それが、いろいろあって、約200年ぶりの記念すべき儀式の日、ということになった。毎朝見ているカレンダーは昨年の暮れに配られたものだから、「祝日化法…

つなぐ、ことの意味。

おかげさまで、というか何というか、いろいろとドラマチックな人生劇場を演じてしまった(しかもまだその渦中にいる)こともあって、毎晩、飲み会のオファーが絶えることのない幸せな生活(苦笑)を送っている。行くたびに、前向きな話でも後ろ向きな話でも…

「新卒一括採用」の呪縛から解き放たれるとき。

ここ数年の迷走を見ながら、いつかはこうなるだろう、と思っていたが、この国にしては意外と早く事が決まったようである。 「経団連は新卒の学生の就職活動について、通年採用を広げていくことで大学側と合意した。春の一括採用に偏った慣行を見直す。能力を…

5年後、「北里柴三郎」の出番はあるのか?

昨日、日が変わったくらいのタイミングで速報が流れ、その後、正式な発表も出た「新紙幣」のニュース。 最初は「令和元年」に合わせてタイミングよく発行するのかな?と思っていたのだが、よくよく聞いたら5年も先の話で、これはちょっとセンスないな…と思っ…

できすぎたストーリー

数日前、トーナメント戦でまだ勝ち上がっている学校の中に「東邦」という名前を目にして以来、もしかしたら・・・という予感はあったのだけれど。 「第91回選抜高校野球大会最終日は3日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に2万7000人の観衆を集めて決勝が行われ…

育てる、という立場にいる者の苦悩。

ここ数日のニュース。結果がどう使われるのか今一つ分からない沖縄の県民投票とか、女性枠をはねのけてまで最高裁判事に収まった宇賀克也教授とか、トリニータに開幕戦で負けて本格的にJ2落ちが見えてきた名門アントラーズとか、なんだかモヤモヤする話はた…

冬のちょっとした異常事態。

かつて、寒いところでの生活を腹いっぱい味わったはずの自分でも、今年の冬は「寒い」の一言である。シカゴの体感温度には及ばないものの*1、陸別町で観測された「氷点下31.8度」なんて、数字を見ただけで全身の血流が凍りつきそうだし*2、そこまで行かない…

「リンゴ」時代の終焉が象徴するもの。

新年早々、売上高予想の下方修正をぶちかまして市場を壊すんじゃないか、とひやひやさせてくれた米アップル。 幸いなことに、4日の夜に発表された雇用統計で米国の景気自体は堅調だ、ということに皆気付いたし、業績不振もアップル固有の問題に過ぎないので…

落ちる〜落ちる〜よ、株価は落ちる〜

日本語的には、株価は「下がる」ものなのかもしれないが、今日に関しては「落ちる」という表現しか出てこない・・・そんな日だった。日経平均で見れば1,010円45銭安。下落率でいうと-5.01%。 自分は元々資産の4割をこの手のリスク資産で運用している人間だ…

「平成最後の」という冠がふさわしい最初で最後の季節。

バタバタしているうちに過ぎていく年の瀬だが、この一週間で一つ二つ大きなヤマを越え、さらに強制的に三連休、ということで、ちょっとひと息付いている。久しぶりにスーパーで買い物をしたら、目についたのが「30周年」のラベルの付いたサッポロ冬物語。 そ…

試されているのは「被災地」だけではない。

ここ数年、全国各地で自然災害のニュースを目にしない年はないのだが、そんな中でもこの1週間はちょっと特別すぎた。台風21号直撃で関西国際空港が“水没”、そして、その続報を追いかける間もなく、6日未明には北海道を震度7の強烈な地震が襲い全道大停電と…

「携帯電話料金4割下げ余地」発言に思うこと。

現政権で長く今の地位にいる某官房長官が、講演で携帯電話利用料について「今よりも4割程度下げる余地がある」と発言した、というニュースが22日に報道されて、またか・・・という思いに駆られた人も多かったことだろう。元々、この業界、「2年/4年縛り」…

google-site-verification: google1520a0cd8d7ac6e8.html