2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

2024年5月のまとめ

今年この時期忙しくなるだろうことは、だいぶ前から分かっていたことなのだけれど、ブログの月締めすらままならない状況になるとはさすがに・・・という感じである。まぁ人生、この先5年、10年かけてようやく見えてくるような景色を凝縮された時間の中で一気…

痛快に過ぎた「まさか」の三重奏。

ついこの前始まったような気がしていた2歳戦が一周回って、気が付けばダービーウィーク。 時が過ぎるスピードを恨みつつ、「最後は取れるはず」と勘違いしがちなのも、春のクラシック最終戦ならでは、である。レース前の注目は、もっぱら「史上初のダービー3…

母の名は。

チェルヴィニアの母の名がチェッキーノだ、ということは知っていた。よく見れば鞍上があのルメール騎手だ、ということも。でも、それで桜花賞13着惨敗の馬がオークスを勝つ、というストーリーまで頭に描けたかというと、自分には無理だった。・・・というこ…

キャリア20年、超えてからが華。

レジェンド・武豊騎手が遂に前人未到の4500勝を達成したこの週末。記念すべき「70周年」の節目の年ながら、競走中の大きなアクシデントが続いたこともあり、クラシックシーズンのクライマックスを前にもやもやしたムードが漂っていた中央競馬界に、良い方の…

海の向こうでも一生に一度、だったから・・・。

日本でもいよいよこれからクライマックス・・・という時期に飛び込んできた米国はケンタッキーダービーのニュース。三冠シリーズの一冠目、という位置づけを考えると、むしろ日本より遅いタイミング、というべきなのかもしれないが、いずれにしてもビッグレ…

U-23代表に見た希望の光。

自分のような「出来た頃からJリーグ見てる」世代が、トーナメント形式で行われるサッカー五輪予選、と聞くと、どうしても反射的に思い出すのは、アトランタ五輪予選、である。よくよく振り返ってみると、前々回のリオ五輪予選からU-23AFCの大会と兼ねる形式…

google-site-verification: google1520a0cd8d7ac6e8.html