相変わらず・・・

帰りがけに本屋で立ち読みした週刊誌は、
選挙報道一色になっていた。


どんな人間にも探せばいくらでも粗は出てくるもので、
そういうネタをたくさんかき集めれば、
とんでもない極悪人イメージを作り上げることができる。
そして、その結果、ホリエモンはもちろんのこと、
片山さつき候補にしても、佐藤ゆかり候補にしても、
メディアの格好の餌食になってしまった感がある。


もっとも、刺客たちの旗色が悪いからといって、
それを選挙全体の結果に結びつけるのは早計だろう。


調子に乗って、安直に自民大敗→小泉退陣、
という結論を出しているところもいくつか見受けられたが、
おそらく小泉首相は、刺客を送り込んだ選挙区は初めから捨てている。
そして、そこでの話題づくりを通じて、
自民党の支持率をじわじわ引き上げることで、
民主党と接戦になっている他の選挙区で競り勝つことを狙っているように思われる。


だとすれば、自民分裂区を「重点選挙区」にしてしまった民主党は、
まんまと小泉選挙戦略の罠にはまったことになる。


個人的には、民主党に勝たれるくらいなら、
自民党が勝った方がまだマシ、と思っている自分にとっては、
どうでも良い話ではあるが。