トリノ五輪実況(その9)

たら、れば。

物事全て、「たられば」は禁物だが、
今回の五輪で、序盤から日本勢がメダルラッシュを見せていたら、
ここまでカーリングが脚光を浴びることはなかっただろう(笑)。


もちろん、時差の関係で生中継できる競技が少ない、
というのもあるのだろうが、
中盤以降のほぼ全試合がNHKで放映されている、
というのは、一種の珍事とも言うべきだと思う。


派手な動きこそ少ないものの、
じっくり見るならカーリングは十分楽しめる競技だと思うし、
純粋なチーム競技が少ない冬季五輪においては、
日の丸付けたチームが一致団結して・・・という絵が撮れる
唯一の競技でもある*1のは確かだが、
ここまでスポットを浴びてしまったのは、
何度も選手をスタジオに呼んで
VTRを繰り返し見たくなるような競技がここまで皆無だ、
という悲しい現実ゆえである。


イギリス、イタリアに連勝して残り1試合*2
日本がスイス(現在2位)に勝って、
カナダがデンマーク(既に敗退決定)に負ける確率は極めて小さいから、
ベスト4進出などという夢は見ないほうが良いと思うが、
大会前はボブスレーよりも注目されていなかった競技の選手達が、
気が付けばお茶の間の人気者になっているのだから、
世の中ってホント面白い。


チーム青森」と謳いつつ、
小野寺歩選手、林弓枝選手、本橋麻里選手の3人が常呂高校出身、
残りの二人(寺田桜子選手、目黒萌絵選手)も北海道出身という、
“出稼ぎ道産子”チームが、
日本中の五輪マニアの目を釘付けにするのは4時間後。


早起きしてBSでも見てみようかしらん。

*1:ホントはアイスホッケー、という最高のチームスポーツがあるのだが・・・。

*2:その前のスウェーデン戦が惜しかった・・・。