偽善。

センバツ高校野球開幕を目前に控えて衝撃が走る。

「昨年夏の甲子園で連覇を果たした駒大苫小牧高校(北海道苫小牧市)の3年生野球部員らが飲酒や喫煙で警察に補導された問題で、同校の篠原勝昌校長は3日、記者会見し、春の選抜大会出場を辞退すると発表した。」*1

北海道に初の優勝旗を運んだ香田誉士史監督も辞任する、
という最悪の結末。


昨秋の神宮大会優勝、
エース・田中将大投手を擁して、夏春夏連覇も夢ではないと思われていた
実力校の“不祥事”。
嘆いているのは北海道民ばかりではないだろう。


この選択が、学校の純粋な“自主的”判断によるものなのか、
上部団体の有形・無形の圧力によるものなのか、
様々な憶測は飛び交うが、所詮は想像の世界でしかない。


喫煙や飲酒、という「不祥事」、
そしてそれによる「出場辞退」というニュースが伝えられるたびに、
自分は思う。


20歳になるまで酒もタバコもやったことのない日本人が、
一体どれほどいるというのだろう。


体育会的部活とは無縁だった自分はともかく*2
れっきとした硬式野球部員たちも、
運動会だの文化祭だの、といったイベントの後には、
私服に着替えて町に繰り出し、
普通に酒も飲んだし、タバコをスパスパやってた連中も多かった。


自分らが「大会前にそんなことしてていいの?」とからかうと、決まって、
「うちみたいな毎年1回戦負けの学校のあら探しするヤツなんていないからさ」
と答える彼らの潔い“スポーツマンシップ”は、
見事なまでに放任主義の校風にマッチしていた*3


要するに、この手の話はすべからくダブルスタンダードなのであり、
それゆえに“発覚”するたびに何ともいえない違和感が生まれることになる。


自分は、大人に許されることを“子供だから”という理由で許さない、
という“パターナリスティックな制約”という発想自体、
未成年者の人権を害する極めてナンセンスなものだと思うのだが、
仮に、そのような規制を是とするとしても、
それによって他の野球部員の“夢を奪う”ことまでが正当化されるとは
とても思えない。


“非行”を犯した人間はベンチに入れなければ良い。
監督責任を問うのなら、監督なり野球部長なりを代えれば良い。
だが、真面目に練習してきた人間まで巻き込む
「連帯責任」という発想には、正直反吐が出る。


ましてや、今回補導された高校生達は、
卒業式を終えた“OB”である。


日本高野連は、
ダルビッシュ選手の「タバコスパスパ」事件を機に、
「(引退しても)在学中は野球部員」というルールを導入したようだが、
引退直後の時期ならともかく、
この時期になって、下級生を巻き込むような“ネタ”を作ってしまったことの
罪深さをもっと認識すべきだと思う。


甲子園の有力校、という“出る杭”を打つことによって
得をする輩は多い。
ライバル校の関係者、部数を伸ばしたい写真週刊誌、
そして、試合に出られなかった怨念を抱える身内さえ、
虎視眈々と足を引っ張りにかかる状況で、
有力校の野球部員に、
神経を張りつめて過ごし続けることを強いる、ということが、
高野連お得意の“教育”的観点から見て、
果たして妥当なことといえるのだろうか。


脇村春夫高野連会長は、

「頂門の一針と考えてほしい」
規範意識の薄れを危惧している」

などとのたまっておられるようだが、
そこまで言うのであれば、
全国すべての学校の野球部に“OB”も含めて“規範意識の薄れた”者が
いないかどうか、ちゃんと調査してみることだ。


そうなれば、県によってはおそらく予選大会が成立しないところも
出てくるに違いない。


頂点を極めようとすれば、必ずどこかに歪みが出る。
いつも優等生を演じてばかりはいられない。
それは、“大人の社会”では当たり前の話なのであって、
大人が描いた“模範的理想像”を高校生だけに押し付けるのは、
教育的配慮を欠いた“偽善的指導”と断じざるを得ない。
ましてや、今回の“不祥事”は、
野球部員でなければ“非行”にすらならないレベルの話に過ぎないのだ。


今年の夏、甲子園で駒大苫小牧ナインを見ることができれば、
今回のエピソードは一つの「美談」となり、
優勝すれば、一つの「伝説」が生まれる。


だが、そうならなかった時、
残されるのは一つの「汚点」と、
選手達の胸に刻み込まれる傷跡だけだ。


甲子園を目指して練習している選手たちに罪はない。
現時点で彼らにいかなる「処分」が下されるのか、
予想することは困難であるが*4
前者の道を辿るためのチャンスだけは
残してあげるのが、真の“教育的配慮”だというべきだろう。


スポーツの場に「偽善」はいらない。
そして、それは教育の場においてもしかり、である。

*1:2006年3月4日日経新聞37面。

*2:生徒会室に置いてあった灰皿(吸殻付き)を見て顧問の先生がひとこと。「学校の敷地内で吸うのはやめとけ」(笑)

*3:ちなみに自分の在学中6年間で、高等部の野球部の夏の予選の勝ち星は僅かに一つ(笑)。昨年の地区大会では、間違ってベスト**あたりまで行ってしまったらしいが、当時のような奔放さがいまだに残存していないことを願うほかない(苦笑)。

*4:処分は8日の審議会で検討される見込み。