今、卓球が熱い!

テレビ東京系列で連日中継されている世界卓球選手権
これまで見る機会がなかったのだが、
夜中にダイジェストが放映されていたので、とりあえず見てみる。


五輪の時ですら、ハイライトのハイライトくらいしか見たことのない
自分にとっては、非常に新鮮だったのが、
1セット11点先取ルールによるスピーディな展開や、
“全部シングルス”の団体戦


このあたり、テレビ向けコンテンツとして“改造”された
苦心の跡を見て取ることができるのだが、
試合内容の方も、豪快なスマッシュショットがあれば、
繊細なドロップだの魔球サーブ(笑)だのがあり、
見事なラリーの応酬があったかと思えば、
あれ?と思うような空振りやダフショットがあったり*1、と
ちゃんと見るとなかなか面白い。


自分は、「天才卓球少女・愛ちゃん」の成長を
夕方のニュースの一コーナーで眺めてきた世代だから、
今や日本チームのエースとなった福原愛選手の気迫あふれる表情や風格に、
ある種の感慨すら覚えたりするのだが、
それでもまだ17歳。


世界選手権の団体戦でメダルをとったくらいでは、
マイナー競技の域を脱するのは難しいだろうが、
このまま5年、10年と福原選手がエースとして君臨してくれれば、
もしかすると、街のどこかしこに卓球台が置かれる時代が
甦るのかもしれない。


温泉のインチキピンポンでは無敗の強さを誇る筆者としては*2
ボウリング場の卓球台がもう少し増えるだけでも
嬉しかったりするのであるが・・・(笑)。

*1:実際にはそこに至るまでに物凄く高度なテクニックが駆使されているのだろうけど・・・。

*2:王子サーブ」が世に出る10年前から天井サーブだの背面回転サーブだの、といった奇策を弄してポイントを稼いでいた自称“カットマン”である(単に強打が打てないだけ、という噂も・・・)。