今季、最後の希望の灯が・・・

ナビスコ杯、予選リーグ最終戦ジェフ千葉が広島に敗戦。
これで3試合連続の0-1負けで、あえなくA組3位、予選敗退決定。


連覇中とはいえ、今年は開幕から大幅に戦力ダウンしていただけに元々期待薄だったのだが、予選リーグが始まった当初は立て続けに3連勝、と意外にもA組首位を走っていただけに、なおさら落胆した・・・。


なんか暗黒時代に逆戻りしたような気がする。


今日は八千代高出身のルーキー、米倉恒貴選手が初めて公式戦でベンチ入りするなど、まだまだ若手の台頭は見込めるチーム状況ではあるのだが、とにもかくにも、前半戦が終わったらフォワードの緊急補強にでも着手しないことにはJ2落ちは免れまい、そんな雰囲気になりつつある*1のが悲しい*2

*1:直接点に絡まないのは今に始まったことではないが、“勤続疲労”ゆえ、それ以外の動きも明らかに落ちてきている巻誠一郎をこれ以上引っ張るのは、彼自身の選手生命にもかかわるような気がするのだが・・・。

*2:しかも今日華麗に決勝点を決めたのは、敵方のストライカーになって久しい佐藤寿人選手だというのがなんとも皮肉だ。