辛抱のとき

最近毎週末こんな逃げのエントリーばかりで、さすがに読者の皆様には申し訳ない気持ちになってしまうのだけれど・・・


ちょっとした小ネタを書く気力すらない今日この頃。

正直、もう少し落ち着いて仕事に当たることができれば、それくらいの余裕はすぐに確保できると思うのだけれど、どうにもこうにも日々浮足だっていて、どうにもならない状況である。

どちらかと言えば、会社の仕事そのものよりも、それ以外の部分でのミッションの方がややこしくて、どうしてもそちらの方に時間を取られてしまうのが痛いところではあるのだが、今は耐えどき、辛抱のとき、そう思っても、やりきれない思いになるときはなってしまうわけで・・・。

我慢が限界を超える前に、何とか状況が打開されることを願っているのだが、年内いっぱいくらいはこんな状況が続くんじゃないかと思うと、暗澹たる気持ちになる。

何とかならんのか・・・。