勝ち目なき戦いの末に。

昨年の秋に、あっと驚く逆転の中間判決が出されていた「切り餅」特許権侵害事件だが*1、結局、双方とも振り上げた拳を下ろすことなく、知財高裁の終局判決を迎えることになってしまった。

「切り餅がきれいに焼ける「切り込み」技術に関する特許権を侵害されたとして、越後製菓新潟県長岡市)が、サトウ食品工業新潟市)に商品の製造差し止めや59億4千万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が22日、知的財産高裁であった。飯村敏明裁判長はサトウ食品工業に、製造・販売の禁止と約8億円の賠償を命じた。また、判決確定前でも強制執行ができる仮執行のほか、在庫品、製造装置の廃棄を認めた。」(日本経済新聞2012年3月23日付け朝刊・第46面)

特許権侵害訴訟において、侵害を肯定する結論の中間判決がひとたび出されてしまえば、その審級における手続きとして残されるのは損害論の審理だけで、何らかの理由で「損害がない」という結論にでもならない限り、被告敗訴という結論がひっくり返ることはない。

そして、“最後の事実審”である知財高裁において、侵害を肯定する中間判決が出された、となれば、敗訴必至の被告側としては、何が何でも和解して不名誉な結論と莫大な賠償金その他のダメージを負うリスクをなるべく回避したい・・・と思うのが通常だろう。

だが、サトウ食品佐藤食品工業)はあくまで強気に最後まで戦い、そして歴史に残る敗者となった。

8億円という損害賠償額はこの会社にとって、決して小さくない金額のはずだし、「製造装置の廃棄」が仮に執行されることになったとしたら、それによる損害も相当なものであると推察される。

また、それ以上に、高裁判決まで出され、仮執行宣言まで付された今*2、これまで件の「切り餅」を店頭で扱っていた多くの小売店もこの会社の面倒を見切れなくなる・・・というのが、一番大きいダメージにつながるように思えてならない。

先日、特許権侵害訴訟で侵害が肯定され、多額の賠償責任を会社が負うことになった責任をとって経営陣が辞任した某上場企業のニュースを紹介したところであるが*3、本件も状況としては、そんなに変わるものではないと思う。

それにもかかわらず、知財高裁判決と同日付で出されたサトウ食品のリリース(http://www.satosyokuhin.co.jp/corp/pdf/timely/20120322_timely.pdf)には、

「当社は、中間判決後の審理において、当社の主張が事実に基づくものであること、当該事実に基づけば、控訴人の請求が棄却されるべきことを主張し、これを裏付ける多くの証拠を提出して参りました。しかしながら、知的財産高等裁判所は、当社の主張の最も肝腎な部分(当社が控訴人より先に発明を完成させていたこと)を主張させず、さらに、当社の提出した証拠の大部分の取り調べ申請を却下したまま、本判決を下しました。当社としては、中間判決における判断は無論のこと、このような経過で当社に主張をさせなかった本判決に強い不服を有するものですので、上告を提起し、当社の主張が十分に検討された上で真実に基づいた正当な判断が得られるよう、引き続き主張して参ります。」

と、かなり強いトーンでの裁判所に対する批判と、あくまで“徹底抗戦”というメッセージが浮かび上がっている。

確かに、判決まで出てしまった以上、殊勝なコメントを出しても、強気抗戦のコメントを出しても、その後の結果は大きく変わるものではないのかもしれないけれど、それにしても・・・という感想を抱いてしまったのは筆者だけだろうか。

仮に上告受理申し立てを行ったとしても、ほぼすべての争点が事実認定の結果に依存している本件で、最高裁が独自の法解釈で結論を覆すことができる余地は限りなく少ないし、最高裁で結論が出るまでの間の時間とその間に8億円という金額に付される法定利息の額の大きさ、といった事情を勘案すれば、正直、被告側が裁判闘争を続けることに、何らかのメリットがあるとは到底思えないのだが・・・。


それでも戦い続ける理由とは何なのか。

訴訟に事実上決着がついても、この事件に対する興味は、決して尽きることがない・・・。

*1:http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20111125/1322963012http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20111126/1322969677

*2:判決文がまだアップされていないため、仮執行宣言がどの範囲で認められているのか(損害賠償に関する部分だけなのか、それとも製造・販売差し止め等の部分にまで及んでいるのか)ということは分からないのだが・・・。

*3:http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20120214/1329552861