「女性騎手フィーバー」と名手の輝きと。

何が起きたのか、49歳の武豊騎手が開幕週から絶好調で、リーディングトップをひた走っている今年の中央競馬
その武豊騎手が目下6連勝中のお手馬・インティに騎乗して1番人気で参戦し、ゴールドドリームノンコノユメ、モーニン、といった歴代の覇者たちや、東京ダート重賞常連のサンライズノヴァ、東京大賞典馬・オメガパフュームといった面々と対決する、というだけでも見どころは十分だったのに、さらにDr.コパこと小林祥晃オーナーが大一番で鞍上に藤田菜七子騎手を指名した4連勝中の根岸S馬・コパノキッキングまで加わったことで、フェブラリーSはいつになく燃え上がった。

いくら自分が一度とったことのあるタイトルだからといって、G1の舞台、それも既に重賞2勝の期待馬に〝僅か通算50勝”の若手騎手を乗せるなんてことは、そう簡単にできることではない。にもかかわらず、それをやってのけ、スポーツメディアに「女性騎手初のG1騎乗」という格好のネタを提供した小林オーナーの英断(ファンサービス)は大いに称えられるべきだろう。

そして、その抜擢に応えて、距離適性が疑問視されたコパノキッキングを、"溜める”レース運びで最後5着にまで連れてきた藤田騎手の騎乗っぷりにも一定の評価は与えられるべきだと思っている*1

レース前、1番人気、2番人気馬を差し置いてひたすらコパノキッキング(に乗る藤田騎手)にスポットライトを浴びせ続けた地上波メディアには、さすがにやり過ぎ感もあったし、レースが始まってからの映像も、何となく外から追い上げるコパノキッキングを追う絵になっているような気がして(これは見ていた自分自身の心理のせいもあるのだろうが、1.2着はともかく、3着に何が入ったのかは確定した掲示板を見るまで分からなかった)、ちょっともったいない印象を受けたのだけれど、それはあくまで現地に行かなかった怠惰な人間の話。

藤田騎手の話題に誘われて競馬場に足を運び、目の前で起きていることを素直に見ていたライトなファンには、名手に操られたインティがいつものように逃げを打ち、最後はゴールドドリームの猛追を受けながらも辛うじて「クビ」の差で叩き合いを制する、という好勝負がきっと目に入っていたはずだし、レジェンド・武豊騎手が競馬のお手本のような心憎い騎乗をしてくれたおかげで、「女性騎手G1初騎乗初勝利」という一過性の見出しよりもずっと価値のある勝利が歴史に刻まれた、と思えば、何らDisるところはないな、というのが今日のレースへの率直な感想である。

個人的には、この先、藤田騎手のG1チャレンジが続くのか、ということ以上に、武豊騎手の勢いがどこまで続くのか(持つのか)の方に関心が強いところではあるが、何よりも、どんな切り口から見ても競馬は楽しい、そう思えるような話題豊富な一年になることを今は願うばかりである。

*1:もちろん、位置取りを下げた分、最後の直線に入るところのロスは大きかったと思うし、コース取りが命のダート戦で「大外」まで出して追わざるを得なかった"上品さ”の克服が今後の彼女の課題になるとは思うのだが、それでも、である。