最近、嬉しかったこと。

長く「企業法務」を看板に掲げてブログを書いているとその縁で知り合う方も出てくるし、それがきっかけでかれこれ10年近くやり取りさせていただいている方もいらっしゃったりするのだけど、リップサービスだと分かっていても、

「○○さんのブログを見て、私もブログを書こうと思いました。」

とか、

「○○さんのブログを見て、法務の仕事に興味を持ちました or 法務の仕事をもっと頑張ろうと思いました。」

とかいった話を伺うと、書き続けてきて良かったな、と素直に思う。

もちろん、そういった方々が持ち上げてくれているのは、「10年ひと昔前の自分」だったりもするわけで、今、あの頃と同じような情熱とクオリティを一本一本のエントリーに捧げられているか、というと、筆者自身、かなり懐疑的だったりもするので、こういった話を聞かせていただくたびに、時々は初心に還らないといけないな、と反省も込み上げてくるのだけど・・・。

時代は変わり、ブログ同士、ブログ経由でコミュニケーションをとる、という機会も、かつてに比べれば随分減ってきてしまってはいるのだけど、あともう少ししたら、より身軽&気軽に動けるようになるはずなので、もはや“化石”になりかけている「企業法務戦士」の看板でも、まだ世界は広げられるんだ、ということをささやかに証明できたらな、と思っているところである。