サマーセミナー2015

知財業界において、完全に定着した感がある夏の恒例イベント、北海道大学サマーセミナー。

今月に入って、案内サイト*1が開設され、参加の申込みも始まった。

今年は、ローテーションどおり、「著作権・不正競争・商標・意匠」が中心のテーマとなっており、ジャンル的にここに比肩するような良質のセミナーが少ない分野であること、そして、講師として、新たに、岡本岳・札幌高裁部総括判事(前・知財高裁判事)と、福井健策弁護士がお名前を連ねている、ということもあって、おそらく満席御礼、立見必至(?)という状況になるのではないかと思われる。

8月20日(木)
午前
 知的財産法の対象にならない模倣行為に対する保護の可能性 田村善之教授
午後
 日本の著作権法のリフォーム論 田村善之教授
8月21日(金)
午前
 基礎から学び直す著作権法 福井健策弁護士
午後
 デジタルの挑戦と表現規制としての著作権 福井健策弁護士
8月22日(土)
午前
 商品の形状の保護(周知表示・立体商標・応用美術) 田村善之教授
午後
 意匠の類否判断基準と不正競争防止法2条1項3号及び商標法との比較 青木博通弁理士
8月23日(日)
午前
 新しい商標と商標権侵害 青木博通弁理士
午後
 審決取消訴訟 岡本岳判事

個人的には、3ヶ月先の予定なんて、今決めてもどうにもならない時はどうにもならない・・・という悲しい状況ではあるのだが、自分はともかく、志の高い読者の皆様には、是非ご参加をお勧めしたい*2

*1:http://www.juris.hokudai.ac.jp/riilp/event/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC2015/

*2:なお、大変ありがたいことに、今回も受講費は無料(同じ大学主催でも、どこぞやの学校の一般向け講座とはエライ違い・・・)。この良い伝統が少しでも長く続くように、ささやかな感謝の気持ちを1口2万円から(任意)の「研究奨励寄附金」に托せれば、というのが、毎年の偽らざる思いである。